ここから本文です

リオ銅の瀬戸大也が華麗に「流鏑馬」披露 大河ドラマ出演に色気?

東スポWeb 10/16(日) 15:29配信

 リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(22=JSS毛呂山)が16日、地元の埼玉・毛呂山町で行われた凱旋イベントで流鏑馬(やぶさめ)を披露した。

 大勝負のたびにお参りしている出雲伊波比神社の馬場に、白馬にまたがって登場。県内外から駆けつけた2000人の観衆が見守る中、ゆっくりと馬を走らせた瀬戸はスピードに乗ると、弓を引いて矢で的を射抜き、喝采を浴びた。

 流鏑馬に挑戦したのは小学校5年生以来11年ぶりだったが「パチンといい音が出た。完璧だったと思います」と自画自賛。「大河ドラマとか馬を使うような戦のシーンとか端っこで走りたいですね。昔の人っぽい顔で着物を着た時にいいねと言われる」と話し、大河デビューを熱望した。

 この日は町から特別栄誉賞も授与され、副賞として地元産こしひかり180キロなどを贈られた瀬戸は「東京五輪では金メダルを取って、多種目で活躍したい」と2020年東京五輪に向け、気持ちを新たにした。

最終更新:10/16(日) 15:29

東スポWeb