ここから本文です

藤浪、最短送球で矯正だ!金村コーチが伝授「手足が長いんで大変」

デイリースポーツ 10/16(日) 6:04配信

 阪神・藤浪晋太郎投手(22)が15日、金村暁投手コーチ(40)から送球矯正法を伝授された。キャッチボール後に甲子園球場三塁ファウルゾーンで行われた送球練習。終始送球が安定しなかった右腕は、最短距離で腕を振るよう助言を受けた。

【写真】藤浪 華麗にジャンピングスロー

 懸命に投げるが、なかなか正確なボールが受け手のグラブに収まらない。高めや低めに外れる度に藤浪は首をひねり、見守った金村コーチも険しい表情を浮かべた。

 「彼は手足が長いんで、(課題克服が)大変。いろんな悪いクセが付いている。相手に取りやすいように投げないと」

 指摘したのは、送球時の腕の振り方だ。右腕が体から離れて遠回りして出てきたり、横からも投げる傾向があるため、送球が定まりづらいという。今季犯した3失策中、2つが悪送球によるもの。よりコンパクトに最短距離で投じることを求めた。

 前日14日には金本監督が「開幕(投手)はメッセでしょう」と発言したが、藤浪は「(来季は)まだまだ先の話ですし、何も考えていない」とキッパリ言い切った。まずは目の前の課題を確実に消化していく。

最終更新:10/16(日) 7:15

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。