ここから本文です

【WEC 第7戦富士】決勝スタートから2時間経過…アウディ勢の2台に明暗、トヨタ2&4番手

レスポンス 10/16(日) 13:16配信

世界耐久選手権(WEC)第7戦・富士6時間レースの決勝が16日午前11時頃にスタート。2時間経過時点でのLMP1-Hクラス首位はアウディ8号車、一方で僚機7号車はトラブルに見舞われ上位戦線から脱落した。トヨタ勢は2、4番手を走っている。

[関連写真]

前日より暖かめの好天に恵まれた富士スピードウェイ。ローリングスタートからLMP1-Hクラスの3社6台の集団が1コーナーへと入り、ついに決勝6時間バトルの火蓋が切って落とされた。

そして最初の波乱がスタートから30分もしないうちに発生する。B.トレルイエのドライブする#7 アウディがスロー走行に転じ、緊急ピットイン。当初はピットレーン上でのトラブル対応を試みており、軽傷かと思われたが、やがてガレージインして大掛かりな作業へ。早くも1台のLMP1-Hマシンが上位戦線脱落となった。

LMP1-Hは通常なら50分前後で1スティントをこなしてピットに戻る。#7 アウディ以外の5台はスタートから50分前後の時期、33~36周を終えたところで最初のルーティンピットへ。その後、各車2度目のピットもこなし、スタートから2時間が経過した時点での順位は下記の通りとなっている。

トップ #8 アウディ
2番手 #6 トヨタ
3番手 #1 ポルシェ
4番手 #5 トヨタ
5番手 #2 ポルシェ

母国レース制覇に期待がかかるトヨタ勢は、#5が中嶋一貴、#6は小林可夢偉がそれぞれスタートを担当した(ともに最初のピットインで交代)。

首位はポール発進から#8 アウディが堅持。こちらは日本のレースでの活躍歴もあるO.ジャービスがスタートから計2スティントを受け持った。

《レスポンス 遠藤俊幸》

最終更新:10/16(日) 13:16

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]