ここから本文です

音楽評論家・湯川れい子が愛してやまない音楽、映画

シネマトゥデイ 10/16(日) 17:36配信

 音楽評論家の湯川れい子が今年1月に生誕80年を迎え、その軌跡をたどる関連本やアルバムをリリースしている。戦前から戦後の日本、そして世界を舞台に生きた波乱万丈の人生。その折々で影響を受けた音楽、映画、大物海外アーティストたちとの出会いについてインタビューで語った。

 「小さい頃から好奇心の塊で、女優、作家、詩人、絵描き、お医者さんになりたい! って思っていました」と述懐する湯川。24歳で音楽評論家になるまでの間、年齢を偽っては映画のキャンペーンガール、キャバレーでダンスの相手をするアルバイト、女優、進駐軍回りの歌手、英語漫談コンビ、貿易会社の社長秘書……とさまざまな仕事を経験した。「新聞で募集していて『あっ! これやってみたい』と思えば応募する。昔の水洗トイレで、引くとタンクの水が流れる紐があったけど、やりたいことにトライするのは目に見えない紐を引っ張るような『これはいい』『これは違う』って試しているみたいな感じだった」と振り返る。

 そんな湯川は「お試し感覚」で参加した映画『ホフマン物語』(1951)のキャンペーンガールの仕事をきっかけに、映画に夢中に。「お弁当を持って映画館に行き、1日4回同じ映画を観る。3回目を観るときはほとんど字幕を見ないようにして、4回目でどうしてもわからないところだけ見て、それで映画1本の英語をまるまる覚えた」と明かす。『赤い靴』(1948)『踊る大紐育』(1949)『バンドワゴン』(1953)……。英語力を身につけるとともに、映画を通じて人間の真理や愛についても学んだという。
 
 さまざまな経験のなかで大きな手応えを感じて、湯川の転機となったのがモダンジャズをきっかけとした音楽評論の仕事。1954年頃からジャズにはまり、56年にはエルヴィス・プレスリーの楽曲との出会いも。「ラジオのFEN(米軍の極東向け放送)で、『ハートブレイク・ホテル』を聴いて、何これ? って。ものすごくスリリングで、今の表現で言えばセクシーで、『ゾクゾクするような音楽』」だったそうだ。

1/2ページ

最終更新:10/16(日) 17:36

シネマトゥデイ