ここから本文です

ベンチャー系FinTechスタートアップ投資が5期連続減少ーー第2四半期報告

ZUU online 10/16(日) 17:40配信

ベンチャー系(VC)FinTechスタートアップへの投資が5期連続で落ちこんでいることが、第2四半期の報告から判明した。

アント・ファイナンシャル(中国)への大型投資が後押しとなり、VCスタートアップへの投資額は25億ドル(約2608億円)まで引きあげられているが、欧米、アジアのスタートアップの勢いに失速が目立つ。その反面、FinTechに参入する企業の動きは5期連続で活発化しており、32%(前年同期比9ポイント増)に達している。

■カリフォルニアへの投資額が2倍に増え、ニューヨークが2番手に

KPMGとCBインサイトが四半期ごとに発表しているレポートによると、第2四半期の全世界のFinTech投資件数は374件、投資総額は94億ドル(約9806億800万円)。前四半期から37億ドル(約3859億8400万円)伸びているものの、スタートアップに流れる資金は縮小傾向にある。

北米のVC系FinTechスタートアップの後退が最も著しく、前四半期には130件あった取引が97件まで減少。しかし初期段階の中型FinTech投資は53%の増加で460万ドル(約4億7987万円)を記録したほか、カリフォルニアへの投資が倍増しニューヨークを追いぬくなど、新たな動きも出始めている。シリコンバレー、ニューヨーク、カリフォルニアと、北米リーダーのバトン競争だ。

アジア地域へのVCスタートアップ投資は26億ドル(約2712億3200万円)減の7億7200万ドル(約805億3504万円)。この減少は大型投資件数が少なかった影響によるもので、実際は3地域中最も加速している。企業の参入率は前年同期比2ポイント減の39%だが、前四半期からは8ポイント増。そのため北米への見解とは異なり、今後も順調な成長を続けていくとの見方が強い。

回復傾向にあるのは欧州で、43件の取引と総額3億6900万ドル円(約384億9039万円)の資金が、欧州VC系スタートアップに流れこんでいる。独FinTechの勢いは前四半期から継続。モバイル銀行のN26や消費者金融プラットフォームを提供しているFinanzcheckなどのスタートアップを中心に、投資額がUKを80%上回った。

注目分野としてはブロックチェーンのほか、ゆっくりとしたペースで保険・医療テクノロジー分野が盛り上がりつつある。世界最大の生命保険・金融サービス会社、AIAグループがウェアラブル技術を健康管理に取りいれるなど、従来の保険産業をデジタル化する手段を探索する動きが目立つ。今後のFinTech市場の変動が楽しみだ。(FinTech online編集部)

最終更新:10/16(日) 17:40

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。