ここから本文です

韓国KT NTTドコモ・チャイナモバイルとの協力契約延長

聯合ニュース 10/16(日) 15:39配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の通信大手KTは16日、中国のチャイナモバイル、日本のNTTドコモとの3社間事業協力契約、SCFA(Strategic Cooperation Framework Agreement)を5年延長し、第5世代の通信サービス「5G」をめぐる協力を強化すると発表した。

 3社は14日に釜山で開かれたSCFA第6回総会で、同契約の期限を2017年1月から22年1月に延長することで合意した。

 3社は11年にKTの主導によりSCFAを締結。これまでの5年間、ネットワーク技術、ローミング、コンテンツ、モノのインターネット(IoT)などの分野で協力してきた。

 KTは今回の契約延長により、18年の平昌冬季五輪、20年の東京五輪、22年の北京冬季五輪と3カ国で連続開催される五輪の特需を生かし、北東アジアの5G分野でリーダーシップを拡大できると期待している。

最終更新:10/16(日) 16:28

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]