ここから本文です

大阪駅・新大阪駅に売ってない…千葉で見つけた大阪ソウルフード

レスポンス 10/16(日) 16:30配信

「大阪の人がみんな食べるってテレビで見た。買ってきて」。そう言われて大阪駅を探してみると「あー昔はあったけど、いまは置いてない」という返事ばかり。新幹線での帰途「新大阪駅にあるだろう」と軽く思ってさんざん探して、やっぱりなかった。

[関連写真]

探していたのは伊藤ハムの『ポールウインナー』。「関西の人は誰もが知っている」とテレビが伝えていたオレンジ色のパッケージは、大阪・新大阪の駅構内、駅近くの売店などに置いてなかった。両駅とも、「ちょっと前まであそこの店に置いてたと思うけど……」と言われてその店に行ってみると「もう置いてない」と“ハズレ”ばかり。1時間探し歩いて収穫ゼロだった。

「地元の人たちが愛するソウルフードは、ターミナルで売られている」という思い込みが間違いだった。「ダメだ、どこにもなかった」と新幹線でメールを打つ前に、ポールウインナーの公式サイトを見てみると……。

関東でも売ってるじゃないか。しかも丁寧にマップまで表示される。「な、なんだよこれ」とこぼしてしまうほど予想外だったのは、「取扱い店舗」のリストに加え、「ポールウインナーみーつけた!」というユーザーの目撃情報コーナーまであるところだ。

大阪、新大阪と、駅の店舗を片っ端から探しても見つからなかったポールウインナーが、地元・千葉の片田舎のスーパーにも置いてあった。

こっそり、そのスーパーで“関西名物”を手に入れて、家族に「はい、買ってきてって言ってたやつ」と渡したが、地元スーパーで売ってたことがバレるのは、時間の問題か。

「伊藤ハムのポールウインナーは創業社長 伊藤傳三が日本で初めて1934年に開発したポール型ウインナーソーセージのロングセラー商品です」(パッケージ記載)。同社にこの商品の販売店舗について聞いてみると、「取扱い店舗情報は、2016年8月31日時点の取り扱い実績をもとにリスト化している。行ってみて『もうない』というお店もあるかもしれないから気をつけて。ユーザー目撃情報も同じ」と教えてくれた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:10/16(日) 16:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]