ここから本文です

「君の名は。」がシッチェス映画祭アニメ部門で最優秀長編作品賞を受賞

映画ナタリー 10/16(日) 15:15配信

新海誠が監督を務めた劇場アニメーション「君の名は。」が、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭のアニメーション部門にて、最優秀長編作品賞にあたるAward for Best Feature Length Filmを獲得した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

現在公開中の本作は、東京に住む男子高校生・立花瀧と山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉の恋と奇跡を描く青春劇。神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみらが声優を務め、RADWIMPSが音楽を担当した。

世界三大ファンタスティック映画祭の1つである同映画祭での受賞について、新海は「『君の名は。』は入れ替わりや彗星来訪、東京と地方、土着の伝統や神道など様々な要素から成る物語ですが、その骨子はストレートなボーイミーツガールです。この映画をスペインの方々に楽しんでいただけた事に、私自身とても励まされました。本当にありがとうございました」とコメントを寄せた。



(c)2016「君の名は。」製作委員会

最終更新:10/16(日) 15:15

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]