ここから本文です

ソフトバンク3発踏ん張った!“天敵”高梨を攻略、12安打5得点

デイリースポーツ 10/16(日) 9:00配信

 「パCSファイナルS・第4戦、日本ハム2-5ソフトバンク」(15日、札幌ドーム)

【写真】松田フルスイング!制空権は鷹のもの?

 土俵際に追い込まれたホークス打線が、3本のアーチをかけた。ソフトバンクにとってCSでの1試合3発は、2004年、前身のプレーオフ第2S第1戦で4発を放って以来、12年ぶり。「まだ、みんなと野球をしたいという気持ちだった」。快勝につなげる先制ソロを放った長谷川勇也外野手は、熱い思いを口にした。

 二回1死、外角直球をバックスクリーン左にたたき込んだ。「来た球を強く振り抜こう、と。気持ちで持っていった」。ポストシーズンでの本塁打は自身初。これが今季、ホークス戦で3勝0敗、防御率1・86だった“天敵”高梨攻略の突破口となった。

 四回には今宮が左越え2ラン。今CS7打点目で06年の松中と並んで球団史上最多タイの打点を記録した。「打てばいい、塁に出ればいい、アウトを取ればいいとシンプルに考えている」という姿勢が好結果につながっている。六回には松田にも一発が飛び出し、今CS最多の12安打を浴びせて快勝だ。

 崖っぷちで意地を見せて2勝3敗とし、工藤監督も「思い切りがよくなった」と目を細めた。大逆転へ向け、選手会長の長谷川は言った。「みんなの集大成。1年間やってきたことを出し切れるか。それに尽きると思う」。3年連続日本一を目指すチームの底力を示す。

最終更新:10/16(日) 9:10

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています