ここから本文です

「君の名は。」続く快挙! スペイン・シッチェス映画祭で最優秀長編作品部門を受賞

ねとらぼ 10/16(日) 15:38配信

 新海誠監督によるアニメ映画「君の名は。」がスペイン現地時間10月15日、「第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭(以下、シッチェス映画祭)」で「Anima't部門(アニメーション作品部門)」の最優秀長編作品賞にあたる「Award for Best Feature Length Film」を受賞しました。

【画像】シッチェス映画祭の受賞作一覧ページに「YOUR NAME(君の名は。)」が!

 1968年から開催されているシッチェス映画祭は、ポルト国際映画祭(ポルトガル)、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭(ベルギー)と並ぶ、世界三大ファンタスティック映画祭の1つに数えられ、ファンタジー、ホラー、アニメーションに特化した国際映画祭。これまで同部門を受賞した日本の作品には、細田守監督の3作品「時をかける少女(2006年)」「サマーウォーズ(2009年)」「おおかみこどもの雨と雪(2012年)」と、原恵一監督の「百日紅~Miss HOKUSAI~(2015年)」があります。

 「君の名は。」の受賞にあたって、新海監督からのコメントも発表されています。

 シッチェス映画祭で最優秀長編作品賞の受賞、本当に光栄に思います。「君の名は。」は入れ替わりや彗星来訪、東京と地方、土着の伝統や神道など様々な要素から成る物語ですが、その骨子はストレートなボーイミーツガールです。この映画をスペインの方々に楽しんでいただけた事に、私自身とても励まされました。本当にありがとうございました(新海誠監督)

 同作の日本国内での最新興行成績は、動員が1149万人、興行収入が149億円です(8月26日から10月14日までの50日間)。

最終更新:10/16(日) 15:38

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]