ここから本文です

高島礼子「吹っ切れたか」と問われ「うん」とうなずく

東スポWeb 10/16(日) 20:28配信

 女優・高島礼子(52)が16日、京都市内で開催された「京都国際映画祭2016」のクロージングセレモニー終了後、京都駅で報道陣に対し口を開いた。

 覚醒剤取締法違反の罪に問われ懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けた元夫・高知東生(本名・大崎丈二=51)についての質問に答えることはなかったが、「吹っ切れましたか」と問われると「うん」とうなずいた。

 高島が公の場に姿を現したのは、高知が逮捕された直後の6月30日に京都市内のホテルで行われた謝罪会見以来となる。今回もやはり京都での登場となった。

 8月1日に高知と離婚。けじめをつけたことで、仕事に対して変化があったかについて「ないです。(今までと)一緒です」。すでに気持ちは仕事に向かっているかと聞かれると「はい」と力強く語った。

 京都には謝罪会見以降もプライベートで訪れていたそうで「嵐山に行って、スイーツをいっぱい食べました」とほほ笑んだ。列車を待つ間、ファンへのサインにも応じた高島。報道陣に「お仕事なのに本当にごめんなさい」と気遣いも見せた後、車中へ消えた。

最終更新:10/16(日) 20:28

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革