ここから本文です

やっぱり伊代ちゃん!松本伊代、原点回帰の35周年コンサートで熱唱23曲

音楽ナタリー 10/16(日) 16:04配信

松本伊代のデビュー35周年記念コンサート「やっぱり伊代ちゃん'16」が、昨日10月15日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1981年10月にシングル「センチメンタル・ジャーニー」でデビューし、小泉今日子、中森明菜、早見優らと共に1980年代前半のアイドルシーンを盛り上げた“花の82年組”の1人として語られる伊代。彼女がワンマンライブを行うのは30周年公演以来4年ぶりで、タイトルの「やっぱり伊代ちゃん'16」は今から30年前、1986年に開催された彼女のコンサートでプロデュースを手がけた秋元康が考案したキャッチコピーを使ったもの。原点回帰の思いを込めたタイトルのもと、華やかなステージが展開された。

親衛隊がそろいの法被とハチマキ姿で“IYOコール”を送る中、伊代は当時もバックダンサー&コーラスを務めていたキャプテンの2人を引き連れ、ピンクベージュのフィッシュテイルドレスで登場。「16歳のときの曲だけでなく、20代のときに歌ったしっとりした曲も歌わせていただきますので、最後まで楽しんでいってください。これからも新しい松本伊代をお見せしていきますので、一緒に年を重ねていきましょう」と呼びかけ、大江千里から提供された「Sonatine」などのバラード曲を含む計23曲を披露した。ライブ終了後にはCD購入者を対象としたサイン入りクリアファイルのお渡し会も行われ、昼夜2公演でそれぞれ約320名のファンを満足させた。

今回のコンサートの好評を受け、11月2日には同会場にて追加公演が実施される。

松本伊代「やっぱり伊代ちゃん'16」追加公演
2016年11月2日(水)東京都 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

最終更新:10/16(日) 16:04

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]