ここから本文です

大阪桐蔭が近畿大会へ、西谷監督「今の戦いでは勝ち抜けない」

デイリースポーツ 10/16(日) 13:00配信

 「秋季高校野球大阪大会・3位決定戦、大阪桐蔭12-5初芝立命館」(16日、舞洲ベースボールスタジアム)

【写真】履正社に敗れた準決勝…西谷監督「まだまだ力不足」

 3年連続のセンバツ出場を目指す大阪桐蔭が、初芝立命館を八回コールドで下し、近畿大会への出場を決めた。西谷浩一監督(47)は「守りのミスもあるし、この大会を通じてまだまだ。ただ次につながったので、しっかりと頑張りたい」と語った。

 初回1死から連続失策で一、三塁のピンチを招くなど、トータルで3失策を犯した。他にも5点リードの場面で仕掛けてきたスクイズに対し、野選で打者走者を生かすなど守りの面で流れを呼び込めなかった。

 「今の戦いをしていたら近畿は勝ち抜けない。昨日(履正社戦)もそうですけど劣勢になったときに、新チームのもろさが出る」と指揮官。八回無死満塁のピンチでは1アウトごとに伝令を送った。「投手じゃなく、野手が積極的に守っていくことを確認した」とバックのメンタル面を強く意識させることで乗り切った。

 この試合のテーマに「苦しい中でどうできるか」と掲げていた西谷監督。「また近畿で一つ、勉強できれば。伸び代のあるチームなので」と更なる成長を期待した。

最終更新:10/16(日) 13:07

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。