ここから本文です

【POG】ブエナビスタ娘コロナシオン鮮烈デビューV ルメール「能力高い」

デイリースポーツ 10/16(日) 13:18配信

 「2歳新馬」(16日、京都)

 母は11年のジャパンCなどG1・6勝を挙げた名牝ブエナビスタ。1番人気のコロナシオン(牝、父キングカメハメハ、栗東・池添学)が期待に違わぬ走りで初戦を勝利で飾った。道中は後方3番手。直線に入って追いだしを開始されると、圧倒的な加速力で前をとらえ、あっという間に突き抜けてみせた。芝1800メートルの勝ちタイムは1分50秒0。

【写真】牧場時代のコロナシオン 母よりも気が強い?

 勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手は「ストライドが小さく、エンジンがかかるまでに時間がかかるけど、直線に向いてからの反応は良かった。能力は高いね。距離は延びても大丈夫」と素質を絶賛した。

 なお、1馬身1/4差の2着は3番人気のサトノシャーク、さらに首差の3着には9番人気のオースタラ。2番人気のレッドオルガは5着に敗れた。

最終更新:10/16(日) 13:23

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。