ここから本文です

店主は妖狐「幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~」1巻、和菓子屋で繋がる縁の物語

コミックナタリー 10/16(日) 21:00配信

真鍋卓原作による孫之手ランプ「幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~」1巻が発売された。

同作は、妖狐が経営する和菓子屋で人間の男子・秋夜名月が働く小説「幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~」のコミカライズ。とある事情から人と距離を置くようになっていた主人公・名月が、縁結びの神様である主人・玉藻と出会い、和菓子屋の仕事を通して他者と縁で繋がっていく様子を描く。

【この記事の関連画像をもっと見る】

コミカライズ版1巻と小説「幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~四季徒然」の帯には、合同フェアのパスワードが記載。特設サイトでパスワードを入力すると、書き下ろしショートストーリーと描き下ろしマンガを読むことができる。フェアの開催期間は2017年1月15日まで。

最終更新:10/16(日) 21:00

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]