ここから本文です

YOSHIKI感激!hideとギター奏で、HYDEとコラボした「VJS」2日目

音楽ナタリー 10/16(日) 21:31配信

10月14~16日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールでヴィジュアル系バンドのフェスティバル「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」が開催中。この記事では2日目の15日公演の模様を紹介する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2日目の「VISUAL JAPAN SUMMIT」のトップバッターは“V系ダンスバンド”VALSが担当。彼らは初々しいMCや伸びやかな歌声、キレのあるダンスで朝早くから集まった観客にアピールしていく。一方、JAPAN STAGEの一番手ASH DA HEROは貫禄すら感じさせる熱い歌声を聴かせ、フロアに降りオーディエンスを巻き込むステージングを展開。さらにサブステージはグリーヴァやFEST VAINQUEURといった若手が続いたのち、ALDIOUSが艶やかなルックスとは裏腹に豪快なプレイを披露する。また摩天楼オペラは「今日のためにカバーしたんじゃないかと思った(笑)」という苑の紹介でX「紅」をカバー。彼ら流の味付けが施された「紅」を、観客は体を揺らしながら聴き入った。

場内が程よく温まった頃、メインステージであるSUMMIT STAGEにA9が登場。そろいの白い衣装に身を包んだメンバーはインストゥルメンタルで場の空気を作り出し、「閃光」から勢いを付けていく。将(Vo)の「今まで先輩たちの背中を追いかけてきましたが、今日はその背中を飛び越していきたいと思います」と先輩バンドたちへの宣戦布告に続き、観客と共にXジャンプならぬ“Aジャンプ”をする「RAINBOWS」を堂々とプレイした。

Plastic Treeのライブは「イロゴト」で幕開け。有村竜太朗(Vo)の妖艶な歌声と荘厳なバンドサウンドが会場に響く。続く「メランコリック」では切ない歌詞とエネルギッシュなサウンドで、フロアを圧倒した。直後のMCでは、有村が「すごい人ですね……。今日はお祭りということで、お互い楽しみましょう」と穏やかな語り口でオーディエンスに話しかけて和ませる。その後は「梟」「マイム」「空中ブランコ」を、曲の世界観を表現した映像と共に披露し、観客を魅了した。

「hide memorial summit」以来約8年ぶりとなるhide with Spread Beaverのステージは、在りし日のメンバーの姿やミュージックビデオで構成されたVTRでスタート。そしてhideを含むメンバー紹介を経て、爆音の「ROCKET DIVE」でライブの口火が切られた。hideの歌を支えるように、楽器隊の6人はアグレッシブなセッションを展開していく。hideをフィーチャーしたライブ映像と共に届けられた「POSE」で、観客は拳を高く突き上げながらステージを食い入るように見つめた。そしてhideの「お客さん、幕張のお客さん。明日はもうやってないよ? 上の兄ちゃん姉ちゃん、マジ頼むっす! 踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆ならなんとやら。やっちゃってくださいな」という煽りを受けて、「Beauty & Stupid」が勢いよく奏でられる。「FLAME」でスケール感のあるサウンドが描き出されたあと、スクリーンにピアノの前に座るYOSHIKI(X JAPAN)の姿が浮かび上がり観客は驚愕。「GOOD BYE」を歌うhideの声が流れ出すと、YOSHIKIはその歌声に丁寧にピアノの音を重ねた。

YOSHIKIは「ホントに長い間hideのこと応援してくれて、本当にどうもありがとう。hideの両親も弟もhideのことをやってくれてありがとう。Spread Beaverの皆さん、みんなのおかげでhideがまだまだ生きてるような……」と涙声で話す。続けて「みんな気合い入ってるか?」とシャウトし「ピンク スパイダー」のワンフレーズを奏でた。続けてバンドの演奏が加わると、YOSHIKIはhideの愛器イエローハートを手に、KIYOSHI(G)と力強く抱き合いステージ中央へ。hideが歌う映像を背に力強くギターをかき鳴らしたり、CHIROLYN(B)と背中合わせになり微笑みを浮かべた。「DOUBT」「DICE」と続いたのち、hideが「遊び足りねえよー。遊ばせろー」といたずらっ子のように叫ぶ映像が上映される。その後、「ever free」を経て、CHIROLYNの呼び込みでPATA(G / X JAPAN)が登場。リボンキャノンが発射されきらびやかな景色が広がる中で「TELL ME」が始まった。そしてhideの演奏シーンとリンクしたPATAのギターソロを挟みつつ、8年ぶりとなるhide with Spread Beaverのステージは感動的な余韻を残して終了した。

にぎやかなカメレオのアクトに続き登場したシドは「モノクロのキス」を最初に披露。明希(B)とゆうや(Dr)が響かせる低音に、Shinji(G)の哀切なギター、マオ(Vo)の歌声が重なり彼らならではの世界を生み出す。続く「V.I.P」では会場を熱く盛り上げ、「cosmetic」ではクールな空気感を作り出す。間奏では明希とShinjiが華麗なソロを響かせ、オーディエンスを沸かせた。MCでマオは「今日もシドはシドらしいライブをしたいです」と意気込みを語り、バラード「hug」を丁寧に歌い上げた。後半では「嘘」「妄想日記」で会場の一体感をさらに高める。「Dear Tokyo」ではオーディエンスが拳を上げ、彼らのサウンドを全身で楽しんだ。マオは会場の熱狂ぶりに「ヴィジュアル系最高!」と叫び、笑顔を浮かべる。最後は「眩暈」をアグレッシブに演奏し、彼らのさまざまな魅力をアピールしたステージを締めくくった。

この日のハイライトの1つともなったHYDE(Vo / L'Arc-en-Ciel、VAMPS)とYOSHIKIによる希代のコラボは、ピアノアレンジされたL'Arc-en-Ciel「MY HEART DRAWS A DREAM」で幕を開けた。意外なナンバーにどよめきが上がる中、HYDEは力強く伸びやかに歌い上げ、YOSHIKIはその声に寄り添うように柔らかな音色を絡める。演奏を終えるとYOSHIKIは「今日は本当に来てくれてありがとう」とはにかみ、HYDEも「お呼びにあずかり光栄です」と微笑みながら返した。続けて2人は最近5時間にわたって飲み明かし、過去の話をしたエピソードを披露。YOSHIKIが「L'Arc-en-CielとX JAPANが一緒にいると面白いね」と口にすると、HYDEは「よく考えたらYOSHIKIさんと一緒にステージ立つってどういうこと? 緊張してきた」とつぶやく。するとYOSHIKIはHYDEの緊張をほぐすように抱き寄せ、「一緒にセルフィーを撮ろう」と提案。観客をバックにツーショットを撮るサービス精神旺盛ぶりをみせた。さらに2人はXの「Say Anything」をセッション。YOSHIKIの弾く穏やかなピアノに、HYDEの切なく甘い歌声が絡み、満員のオーディエンスは2人が紡ぐ美しいサウンドに酔いしれた。

14日に続き、2日連続出演のGLAYは「デストピア」「Scoop」「FREEZ MY LOVE」「超音速ディスティニー」と強力なロックチューンを連発し、場内の温度をますます上昇させる。そして前日に引き続き、恩人・hideへの感謝を込めて彼が作った曲「Joker」のカバーを披露した。ここでTERU(Vo)が「GLAYはデビューしたとき、この形にプラスしてキーボードがいて……」と、デビュー当時のサポートキーボードについて話し始めると、察しのよいファンから早くも大歓声が起こる。ここでスペシャルゲストとして呼び込まれたのは、当時のサポートメンバーだったhide with Spread BeaverのDIE(Key)。ステージに走り込んできた彼はTERUと熱い抱擁を交わし「生きててよかったー!」と喜びを明かした。

TERUはデビュー初期のDIE、そしてhideとの関わりを振り返り「hideさんが『HURRY GO ROUND』という曲について(GLAYの)『HOWEVER』がすごくいい歌詞だから、ああいう曲を書きたくて書いたんだ、と教えてくれたことがあって。そのおかげで『HOWEVER』はとても大切な曲になりました」と語り、DIEとのコラボで「HOWEVER」、さらに続けて「生きてく強さ」を演奏する。場内には感動的な空気が広がるが、DIEを送り出す前にTERUが「まだまだ行けるか、幕張!」と観客を煽り始め、DIEがうろたえる場面も。TERUの「ごめん! でも次の曲もDIEちゃん(演奏)いけるんじゃない?」という問いかけに、DIEが「次って何?」と聞き返すと、TERUは「『彼女の"Modern…"』!」とあっさりと次の曲名をバラし、フロアからは笑い声が起こる。結局DIEはそのままステージで予定外の演奏を続け、ファンを大喜びさせた。

2日目もいよいよ佳境に差し掛かり、観客を大いに踊らせたLM.Cのダンサブルなアクトに続きX JAPANの出番に。前日の公演がひさしぶりの表舞台となったPATAを含め、メンバーは初日よりも伸びやかなプレイを展開して観客を圧倒していく。Toshlは「『VISUAL JAPAN SUMMIT』2日目……迎えることができました」と感慨深そうに語り、「昨日も今日も、ヴィジュアル系万歳みたいな。みんなで万歳三唱したいと思います」と観客を巻き込み万歳三唱をする。突拍子もない提案にYOSHIKIは苦笑いするが、Toshlが「めでたい日だから」と言うと、YOSHIKIも「めでたいねえ。餅つき持ってきて!」とスタッフに無茶振りする場面も。和やかなひとときを経て、バンドは「紅」「X」といったライブの定番曲を連発し、壮絶なラストが印象的な「ENDLESS RAIN」でライブを終えた。

トリを務めるセッションバンド・無敵バンド登場前のMCは、Toshl、TERU、マオが担当。名前を呼び込む順番を決める際にTERUが唐突にじゃんけんを始め、マオが面食らいつつ「まさか、ステージでTERUさんとじゃんけんする日が来るとは思わなかった……」とぼそりと口にする。対決の結果、TERU、マオ、Toshlが順番に演者たちを呼び込んでいくことになり続々と出演者たちがステージへ。24年前の「エクスタシー・サミット」でも演奏されたSex Pistolsの「Anarchy in the U.K.」や「God Save the Queen」がカバーされ、大にぎわいの中で2日目が終幕した。

なおWOWOWの「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」特設ページではライブの動画を公開しているので、チェックしてみよう。

※記事初出時、写真キャプションに一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:10/16(日) 23:12

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]