ここから本文です

生きた人間と人造人間が入り乱れるパリで巻き起こる愛憎を描く「想幻の都」

コミックナタリー 10/16(日) 23:00配信

梶谷志乃がハルタ(KADOKAWA)に連載していた「想幻の都」の、単行本全2巻が同時発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

作品の舞台は21世紀末のフランス・パリ。移民の受け入れを禁止したことによる労働力低下に悩んだこの国では、人の死体を素体とした人造人間・ビオロイドが普及していた。生きた人間と一度死んで蘇った人間が入り乱れるパリは、「花の都」「芸術の都」に代わって「想幻の都」と呼ばれるようになる。物語はビオロイド工場で働くジルを語り役に、愛と悲しみが入り乱れる人間ドラマが描かれる。

最終更新:10/16(日) 23:00

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]