ここから本文です

日本ハム・岡が代打で同点2点タイムリー

デイリースポーツ 10/16(日) 15:30配信

 「パCSファイナルS・第5戦、日本ハム-ソフトバンク」(16日、札幌ドーム)

 日本ハムが四回、代打・岡大海の2点適時打で同点に追いついた。

 2点を追う展開で、先頭の中田が安打で出塁。1死となってからソフトバンクの2番手・東浜が乱れレアード、陽岱鋼と連続四球で満塁となった。

 ここで栗山監督が動き、捕手の大野に替えて代打・岡を送り込んだ。1ボールではじき返した打球はセンターの頭上を越えてフェンスに直撃。2走者が生還した。

 チームはこの後、中島のスクイズで勝ち越しに成功した。岡は「打ったのはスライダーです。相手ピッチャーは(2者連続四球で)制球に苦しんでいたので、ストライクゾーンのボールは積極的に狙っていこうと思いました。いい形でこの回、逆転できてよかったです」とコメントした。

最終更新:10/16(日) 16:51

デイリースポーツ