ここから本文です

高島礼子 3カ月半ぶりに公の場に 映画祭舞台あいさつに着物姿で登場

デイリースポーツ 10/16(日) 15:47配信

 女優・高島礼子(52)が16日、京都市で最終日を迎えた「京都国際映画祭」の舞台あいさつおよび関連行事に、特別ゲストとして出席した。公の場に姿を見せたのは3カ月半ぶりで、前夫で覚せい剤取締法違反などの罪で有罪判決を受けた高知東生(51)と離婚後は初めて。

【写真】元夫は涙目で「会いたい」

 高島はワゴン車に乗って劇場前に到着。あでやかな着物姿だった。待ち構えた報道陣に無言で笑みを浮かべた。「今の気持ちは」「整理は付きました」などの問いかけには応じることはなかった。高島は同映画祭の最終上演作品「残されし大地」の舞台あいさつに出演するため、祇園花月に入った。

 舞台あいさつではにこやかに登場。同作がドキュメントだったことをあげ、「あまり見たことはなかった。びっくりした」と感動したことを告白。「出演されている方々がすごく自然だった」とも評した。

 高島は高知が逮捕された後の6月30日に、ドラマ撮影のために滞在していた京都市で捜査当局の事情聴取を受け、その後に謝罪会見。涙を流しながら高知の薬物使用に気づかなかったことを語り、離婚については「支えてくださる方々のために決断しないといけないかもしれない」と発言していた。

 その後、8月1日に所属事務所を通じて離婚発表し、17年の夫婦生活にピリオド。高知の裁判に関わることはなく、コメントもしていなかった。

最終更新:10/16(日) 16:55

デイリースポーツ