ここから本文です

日本ハム、大谷翔平 日本最速165キロ DH解除で救援

デイリースポーツ 10/16(日) 17:07配信

 「パCSファイナルS・第5戦、日本ハム-ソフトバンク」(16日、札幌ドーム)

 「3番・DH」でスタメン出場していた大谷翔平が投手として九回から登板した。

 大谷は「3番・投手」となり九回のマウンドへ。場内に名前がアナウンスされると、満員の観衆から大歓声が上がった。

 最初のバッター・松田に対しての3球目では自己最速に並ぶ164キロをマークした。そして、2人目の吉村に対し低めの速球で自己新となる165キロをマーク。場内をどよめかせた。

 大谷はCSの初戦で、DHを利用せず8番・投手で先発出場。7回を無失点に抑え、勝利に貢献していた。

最終更新:10/16(日) 17:28

デイリースポーツ