ここから本文です

日本ハム・栗山監督 大谷のリリーフ起用に「勝ってくれと。しんどかった」

デイリースポーツ 10/16(日) 17:47配信

 「パCSファイナルS・第5戦、日本ハム7-4ソフトバンク」(16日、札幌ドーム)

 「しんどかった」-。日本ハムの栗山英樹監督(55)は、勝利監督インタビューでしみじみとソフトバンクとの対戦を振り返った。

 「3番・DH」で先発出場していた大谷翔平投手を九回、リリーフとして起用するなど、総力戦で勝ち抜いた。

 大谷をマウンドに送る際には「勝ってくれと。たまたま3人で終わったが、色んな意味で心配もしていました」と胸の内を明かした。

 それでも二刀流は165キロを記録するなど3人でピシャリ。「あの投球はファンの皆さんのおかげ。試合をやっていてもすごく力もらえましたし、皆さんがああいうピッチングをさせてくれた」とびっしりとファンで埋まった観客席に頭を下げた。

 さらにこの試合では杉谷を「2番・二塁」で先発起用するなど、大胆なさい配も的中した。栗山監督も「きょうの試合がファイターズらしい、先に4点取られても誰も諦めず、僕が感動しました」と選手を称えた。

 残るは日本シリーズ。広島との頂上決戦に向けては、「あの真っ赤な中で野球できるのは幸せなこと。(引退した武田)勝と優勝するって約束しているので、約束をみんなで守りたいと思う。今年、北海道は台風含めて苦しんでいる方がいるので、精いっぱい頑張ります」と日本一を誓っていた。

最終更新:10/16(日) 18:41

デイリースポーツ