ここから本文です

高橋みなみ 地元八王子でカウントダウンライブ開催へ ライブでサプライズ発表

デイリースポーツ 10/16(日) 20:19配信

 元AKB48で歌手の高橋みなみ(25)が16日、東京・丸の内COTTON CLUBで、今月12日に発売した初ソロアルバム「愛してもいいですか?」リリース記念ライブを行い、年末に地元の東京・八王子で自身初のカウントダウンライブを行うことをサプライズで発表した。

 ライブ終盤に自身も驚きの吉報が待っていた。スタッフから渡された紙に目を通した高橋は、「カウントダウンライブ決定です」と限定で集まったファン100人に笑顔で報告した。場所はオリンパスホール八王子に決まり、「年始からずっとやりたいと言っていた。AKBでカウントライブできなかった。いつか八王子でやりたかったんです。年のまたぎを一緒に過ごせたら」と年末に思いをはせていた。

 ライブ中盤には号泣する一幕もあった。アルバム収録曲「笑顔」を歌い終わった瞬間だった。黒のシースルードレス姿の高橋は「笑顔で涙するというね…。寂しいのよ。ああ、寂しい。AKBは恵まれている。でも、独り立ちしないといけない。鼻水が止まらないよ」とあふれる思いを打ち明けた。仲間と過ごした日々のありがたみとソロの寂しさを募らせながらも、「泣くのはこれで最後にします」と前を向いた。

 感情だけでなく容姿についても赤裸々に打ち明けた。今年4月にAKB48を卒業した高橋は在籍時に激やせ報道が飛んだ。公式身長148・5センチの高橋は「体重はAKB時代は36キロ。今は40キロ。激ヤセ報道もありましたが、ふくよかになりました。ご飯、お酒の飲み過ぎでぶくぶく太りましてね」と笑顔で報告。ライブ前日にAKB48グループ総合プロデューサーで作詞家の秋元康氏(58)やAKB48グループ二代目総監督の横山由依(23)らと深夜まで飲食するなど、しっかりと食事を楽しんでいることも明かした。

 AKB卒業から半年が経過した。テレビも見ずにすぐに眠っていたAKB時代から、「一人間として時間ができて充実しています」とゆとりができたという。今月10日に船上の劇場を本拠地とする「STU48」発表など新機軸を打ち出す古巣については、「卒業すると(AKBの)新曲もわからない。あの子が卒業するんだとか一ファンとして見られるのは面白い。10周年を超えて長く長く続いて頂きたい」とエールを送った。

 恋愛解禁にもなり、女性の幸せも意識するようになった。4月8日に25歳となった高橋は結婚観について、「四捨五入すると30歳。ドキドキしますよ、女性としては。女性の幸せは考えたい。女性の一区切りは30歳と思いますが、気長に考えたい」と思いも語った。

 ライブでは、アルバム収録曲「GIRLS TALK」を提供した歌手・岸谷香(49)がサプライズゲストで登場し、コラボした。「焼き鳥に行きたい」という高橋のお願いに岸谷が「行きましょう」と約束していた。

最終更新:10/16(日) 20:57

デイリースポーツ