ここから本文です

本木雅弘 27年前に東野幸治から受けた仕打ち 「人間のおぞましさを見た」

デイリースポーツ 10/16(日) 21:54配信

 俳優の本木雅弘(50)が16日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演し、27年前に東野幸治(49)から受けた数々のひどい仕打ちを明かした。

 27年前の1989年、本木は所属していたグループ「シブがき隊」が解散し、関西の人気バラエティー番組だった「4時ですよーだ」に出演することになった。東野と今田耕司がMCを務める中、本木も「突如、MCを任されて」出演することになったという。

 本木は東野にあいさつをしても目も合わせてくれなかったことを明かし、東野について「レベルの違う怖さだった」と評した。完全に本木の存在を無視していたという。

 本木は当時を振り返って「東野さんは私の存在を抹殺しているオーラをものすごく出していた」と話した。東野はこれについて「アイドルと接したことがないからどう接したらいいのか。だからあいさつされても真っすぐ向いてニヤニヤするしかなかった」と弁明した。

 本木は「人間のおぞましさを見せつけられたのは初めて」と話し、「あの頃見せつけられた人間の非情さが、その後の私の役者人生にいい引き出しとなって定着した」とした。新作映画「永い言い訳」では涙を見せない作家役を演じており、本木は「相当いけ好かない男を演じていますが、東野さんをモデルにさせてもらった」と参考にしたことを明かした。

 東野は「そんなにしゃべれるならバラエティーどんどん出なさい!」と絶叫した。2人がその後席につき、本木の背後に東野が座る位置に本木は不安そうな表情を浮かべた。

最終更新:10/16(日) 22:36

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]