ここから本文です

165キロ、最速更新の大谷 「MVPは中田さんがふさわしい」 一問一答

デイリースポーツ 10/16(日) 22:00配信

 「パCSファイナルS・第5戦、日本ハム7-4ソフトバンク」(16日、札幌ドーム)

 日本ハムがリーグ優勝によるアドバンテージ1勝を含め4勝2敗で4年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。九回に3番・DHで先発出場していた大谷翔平投手が登板。自己最速を更新する165キロを3球記録し、試合を締めくくった。

 以下は試合後のコメント。

 -九回を締めてプロ初セーブ。日本シリーズ進出を決めた。

 「とりあえず勝って、ホッとしています。すごいうれしいし、みんなで逆転して勝った。(リリーフは)いい形で入れば勝てるんじゃないかと思いました」

 -野手出場後の登板は予想していた。

 「おそらくあるだろうとは思っていた。今日、勝てば最後なので、しっかり勝ててよかった」

 -球場はすごい歓声だった。

 「コール(『ピッチャー・大谷』の場内アナウンス)された時もそうですし、いい雰囲気でマウンドに上がらせてもらった」

 -指名打者後の登板の体力面は。

 「DHで体を動かしていたので。打席後もキャッチボールをしていたので、九回は動く感じはしたし、そんなに硬くならなかった」

 -CSは投打でMVP級の働きだった。

 「MVPはないですね。中田さんが打線を引っ張ってくれたし、中田さんがふさわしいMVPかなと思います」

 -日本シリーズは広島と対戦。

 「マツダスタジアムはすごいきれいな球場なので、すごい楽しみ。日本シリーズで投げられるのもワクワクしている。いいパフォーマンスが出せればと思います。チーム全員で今日みたいな野球をして日本一になれれば」

最終更新:10/16(日) 22:04

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]