ここから本文です

【MLB】連勝のインディアンス指揮官、2試合で10K無失点の中継ぎ左腕を絶賛

ISM 10/16(日) 12:05配信

 クリーブランド・インディアンスは現地15日、ホームで行われたトロント・ブルージェイズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦に2対1で勝利し、2連勝を達成。テリー・フランコーナ監督は中継ぎ左腕アンドルー・ミラー投手のこの2試合の活躍を絶賛している。

 前日の初戦で1回2/3を5三振、無失点と好投したミラー。この日も1点リードの7回から3番手としてマウンドに上がると、2イニングを投げて無安打、無四球、5三振、無失点と、リーグ屈指の強力打線を誇るブルージェイズを相手に再び完ぺきなリリーフを披露した。

 インディアンスは7月31日にミラーをニューヨーク・ヤンキースから獲得した際、4人の有望株を放出しているが、フランコーナ監督は「ミラーならば我々が直面したような状況で力を発揮してくれると思った。さらに、チームがより長く戦うチャンスを与えてくれるブルペンにしてくれるだろうとね」とコメント。そして「彼はそれを実践してくれている」と、圧巻の投球でチームの連勝に貢献した左腕を褒めたたえている。

 ミラーのポストシーズンの通算成績は、10試合のリリーフ登板で1勝0敗、防御率0.00。計16イニングで27個の三振を奪い、WHIPは0.44となっている。(STATS-AP)

最終更新:10/16(日) 12:05

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。