ここから本文です

高橋みなみ、地元・八王子で初のカウントダウンライブ決定「私の地元を感じてもらいたい」

オリコン 10/16(日) 20:55配信

 歌手の高橋みなみ(25)が16日、東京・丸の内COTTON CLUBでファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』(12日発売)のリリース記念ライブを行い、12月31日に地元の東京・八王子でカウントダウンライブを行うと発表した。「いつかやっぱり八王子でやりたかった」という高橋は「みんなに私の地元を感じてもらいたい」と喜んだ。

【写真】岸谷香も登場したライブの模様

 カウントダウンコンサートを行うのは、AKB48時代も含めて自身初めて。オリンパスホール八王子にて行われ、チケットなど詳細は今後発表される。

 この日は歌唱中やMCで、AKB48から卒業して半年経った心境、決意を改めて語っているうちに涙を流すこともあったが、「カウントダウンは絶対泣きたくない。泣くのはきょうで終わりにします」と笑顔で宣言した。

 ライブでは、同アルバムに収録されている「愛しくて恋しすぎて」(作詞・作曲:高見沢俊彦)、「カガミヨカガミ」(作詞・作曲:槇原敬之)、「笑顔」(作詞・作曲:真島昌利)、「カツ丼 in da house」(作詞・作曲:前山田健一)、「いつか」(作詞・作曲:Shun Naka(HY))などを熱唱。「GIRLS TALK」(作詞:岸谷香・木村有里 作曲:岸谷香)では、岸谷も登場し、一緒に同曲を披露した。

最終更新:10/17(月) 4:26

オリコン