ここから本文です

最強の腹筋女子は誰? アップアップガールズ(仮)に最強王者RENAがエール

デビュー 10/16(日) 21:07配信

 アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)が13日、東京・池袋サンシャインシティ 噴水広場にてスペシャルリリースイベント『Road to 武道館!!!!!!!!~“最強の女”に学ぶ“最強の女アイドルグループ”への道~』を開催。アプガの7人は、ゲストで登場した現シュートボクシング世界女子フライ級王者・RENAから貴重なアドバイスを受けた。

【写真】アプガの中で一番きれいな腹筋に選ばれたのは関根梓

 アプガは、11日に約半振りのニュー両A面シングル『!!!!!!!!/君という仮説』を発売。そのリリースイベントに、最強女子総合格闘家RENAが緊急参戦した。11月8日に行われるアプガ初の日本武道館公演に向けて、メンバー7人は、RENAから真の最強とは何かを学ぶことに。RENAは、現シュートボクシング世界女子フライ級王者に君臨する現役チャンピオン。9月に行われた『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016』の山本美憂との一戦では、激闘の末、見事勝利を収めた。まさに日本女子総合格闘家のトップ中のトップの彼女から、初の日本武道館公演という大一番に挑むアップアップガールズ(仮)が、アドバイスをもらうというのが本イベントの主旨だ。

 小学生から格闘技を始め、夢を掴んだRENA。小さい頃からの自分の夢を叶えるために、気持ちを強く持ち続ける秘訣を聞かれたRENAは「やめたいと思った時期もあったんですけど、でもやり続けることが大事だと思います。やめたらそこで終わっちゃうけど、でもやり続けたことによって、テレビで試合をさせてもらったり、ここまで上り詰めることができました」と回答。仙石みなみは「私も中学1年からハロプロエッグに入って、父親は仙台で仕事を辞めてまで東京に来て応援してくれている。今ようやくアイドルとして日本武道館まで来れたんです。これまでには、やめたいとかいろんな辛い道のりもあったんですけど、続けてきてよかったと思うので、すごく共感しました」と、RENAの言葉に共感。

 古川小夏は「勝負に負けたりで挫折を味わうこととかあると思うんですが、そこからまた這い上がろう、またがんばろうって気持ちの作り方とかどうしてるんですか」と質問。RENAは「ハングリー精神を持ちつつ、絶対見返してやると思って日々がんばってきました。背中を押してくれるファンの方たちはみなさん仲間だと思うので、みなさんの応援を力に変えて、そして見返すって気持ちを強く持ってやってきたんです。メンバーのみなさんも、戦力外通告から武道館でライブできることになって、やったー!ってなるじゃないですか。その気持ちで武道館楽しんでください」とアドバイス。

 そして佐藤綾乃が「日本武道館に立つまでに、腹筋をシックスパックにするというのが夢で、今、鍛えてるんです」と語ると、メンバー全員の中で一番きれいな腹筋は誰かをRENAが決めるという流れ。全員が息を止めて腹筋に力を入れると、RENAは予想外にも関根梓の腹筋を高評価。「もっと鍛えて、もっと脂肪を落とせば、一番きれいな腹筋が出ると思うので、ここからがんばってください」というRENAの言葉に、関根は「がんばります!」と笑顔で答えた。

 実はRENAは、モーニング娘。のオーディションを受けていたことを告白。「初めて言いました。昔、アイドルに憧れがあって、モーニング娘。好きの友だちと一緒にオーディションを受けました」。森は「私もモーニング娘。好きでこの世界に入ったので、もしかしたら一緒のオーディションを受けてたかもしれない」、古川は「もしかしたら一緒に活動してたかと思うと感動しました」と興奮。

 最後に、たくさんのアドバイスをくれたRENAは、「ここまで来るまでにいろいろ大変だった分、それをバネにして、充分しゃがんだんと思うので、武道館では飛び上がって、いっぱい元気出してがんばってください!」とエールを送る。アプガ全員が「ありがとうございます、がんばります!」と答えると、会場は拍手に包まれた。同世代の現役チャンピオンの熱い言葉をもらったアップアップガールズ(仮)。11月の日本武道館に向けて、大きなエネルギーを注入されたに違いない。

最終更新:10/18(火) 17:42

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]