ここから本文です

【GOLF】松森彩夏が逆転でツアー初優勝! 堀琴音はリベンジならず単独3位

ISM 10/16(日) 17:45配信

 国内女子ツアーの富士通レディースが16日、千葉県の東急セブンハンドレッドクラブ 西コースを舞台に最終ラウンドの競技を終了。松森彩夏が4アンダー「68」で回り、通算12アンダーでツアー初優勝となった。

 2日目に「64」と猛チャージをかけ、トップと1打差の単独3位に浮上していた松森は、出だしの3番でバーディが先行すると、6番からは連続バーディをマークし、前半は3アンダーで単独首位に。後半は10番からバーディ、ボギー、バーディとしてスコアを伸ばすと、後続に1打差に迫られながらもリードを守りきり、トータル5バーディ、1ボギーでホールアウト。プロ4年目の22歳が嬉しい初トロフィを獲得した。

 今季2勝の笠りつ子は最終18番でトリプルボギーを喫し、通算8アンダー単独2位。2週前の日本女子オープンのリベンジを狙いトップタイから出た堀琴音は、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの2オーバー「74」とスコアを伸ばすことができず、通算7アンダー単独3位に終わっている。

 通算4アンダー4位タイには比嘉真美子と木戸愛が入った。昨季覇者のテレサ・ルー(台)は1アンダー71でラウンドし、通算3アンダーで森田理香子、永峰咲希らと並び6位タイで大会を終えている。一方、アマチュアの勝みなみ(鹿児島高3年)は5オーバー「77」と崩れ、通算6オーバー49位タイとなっている。

最終更新:10/16(日) 18:36

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]