ここから本文です

【レポート】<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>1日目「この3日間でみんな“無敵”になれそう」

BARKS 10/17(月) 14:58配信

10月14日(金)、15日(土)、16日の3日間にわたって千葉・幕張メッセ9-11ホールにて、約10万人の観客を動員して開催される日本最大のヴィジュアル系音楽フェス<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten>。その初日となる10月14日、あの伝説のイベント“エクスタシー・サミット”が復活した。

◆<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>Day1 画像(120枚)

エクスタシー・サミットとは、LADIESROOM にZI:KILL、 LUNA SEA,、GLAYなどYOSHIKIによって設立されたインディーズのレコード会社、エクスタシーレコードに所属していたバンドが一堂に集まり、行なっていた無敵のライブイベントのこと。1988年に大阪のライブハウス、バーボンハウスでスタートして以降、東京・目黒鹿鳴館を中心に定期的に開催していたこのイベントが、1992年に大阪城ホールと日本武道館で開催されて以来、24年ぶりに復活した記念すべき一夜をレポートする。

午前8時50分。ステージに突然MUCCの逹瑯(Vo)とLADIESROOMのGEORGE(Ba)が揃って姿を現し、前説が始まった。どうやらこの2人が今日のMC担当に選ばれたようだ。これから始まる<VISUAL JAPAN SUMMIT>について、逹瑯は「この3日間でみんな“無敵”になれそう」と伝え、GEORGEは前代未聞の早朝から深夜に及ぶ長丁場イベントに対して「水分補給だけは忘れるなよ」とアドバイス。この後、GEORGEの掛け声で、恒例の「WE ARE」「X!」で気合い入れを行なったところで、いよいよ<VISUAL JAPAN SUMMIT>1日目が開幕する。

午前9時。初日トップに登場したのはX JAPANのコピーバンド、X-SUGINAMI。ヴォーカルにDancho(NoGoD)を迎え、ギターはMiya(MUCC)、ヒロト(A9)、リズム隊はベースがAkane(PLINK?ex.THE★SCANTY)、ドラムがMajyu(Devil Kitty、SHAPE SHIFTER)という布陣で初期Xのルックス、楽器、演奏、パフォーマンスまでほぼ完コピ状態で「BLUE BLOOD」、「VANISHING LOVE」を演奏。その完成度の高さに驚く観客に向かって「よく見てください。偽物です」とDanchoが筋肉Tシャツを見せて笑いを誘った後は、「X」のXジャンプで早朝とは思えない盛り上がりを作ってみせた。

続いてVANIRUがステージに登場すると場内の空気は一転。今年デビューしたばかりの新人とは思えない存在感を放つヴォーカルのLEONEILは、ウェービーな髪を揺らしながら妖艶なオーラを身体中から放ち、客席を支配していく。耽美でエレクトロなダンスチューン「コズミック・ナイト」では鞭を振りながらステージを歩き回るなど、VANIRUならではの浮世離れしたステージングで、デカダンで妖しい夜のムードを振りまいていった。

アニメ映像がバンドのスタートガイドになるというポップなオープニング映像が終わり、メンバー全員がお揃いの真っ白い宇宙服に身を包み、ヘルメットをかぶってやってきたのはSPEED OF LIGHTS。スペーシーな広がりを感じさせるシンセ、オートチューンで加工した歌声で、どこまでも飛んでいけそうなコズミックで明るく爽やかなポップチューンを次々と披露した。

続いては、エクスタシー・ジャパン出身、今年4月に復活を果たしたばかりのBEASTの5人が、ガラの悪そうな大人の雰囲気を携えてぞろぞろとステージに登場。そんな彼らが最新鋭のデジタルをフィーチャーしたモダンなミクスチャーサウンドを次々と奏でていく姿をみて、彼らを知らない観客は呆気にとられる。「Chemical」や、YOSHIKIがプロデュースしたデビュー曲「LR?7」などのアクトでフロアを揺らし、舞台を後にした。

お次は、若手ヴィジュアル系から4人編成になったAnli Pollicinoが登場。「LUNA SEAさん、GLAYさんに憧れてここまできました」と挨拶をしたShindy(Vo)。赤をテーマにしながらも4人各々の個性を象徴したヘアスタイル、衣装の着こなしなどは、いまの時代のヴィジュアル系ならでは。人気曲「白百合ヴァネッサ」など、現在のV系シーンのど真ん中をいくような王道サウンドを堂々パフォーマンス。

続いても若手世代を代表して、5人組のCLØWDが登場。ピアノのイントロが印象的なキラーチューン「狼煙」で幕をあけると、 KØU(Vo)が「さあ拳を上げろ」と煽ると、フロアからはたくさんの拳が突き上がり、若いオーディエンスたちはたちまち熱狂。ラップとシンガロングを取り入れた「Tomorrowland」、伸びのある声と美メロがマッチした「#夏の微熱」とタイプの異なる曲を集まったオーディエンスにアピールした。

そして、初日にメインステージとなるSUMMIT STAGEの1番手として現れたのは再結成したPsycho le Cému。さすが元祖エア&エンタメバンド。冒頭には5人のモンスターのキャラ紹介を交えた寸劇を用意。そのストーリーの中にボスキャラ役でYOSHIKI(YOSHIKIに許可をもらい写真までもらってきた)が登場すると、場内は大爆笑に包まれた。メンバー全員で踊る「BLADE DANCE」ではお客さんを踊りに夢中にさせ、みんなが知っているヒット曲「愛の唄」からはバンド演奏も楽しませる。見て、踊って、歌って、聞いても楽しいパフォーマンスは彼ら最大の武器。再結成後は「もう1度夢を追いたくて。日本武道館を夢見ています。みなさんの力を貸してください」とDAISHI(Vo)が熱い気持ちを伝えると、観客は大きな拍手でそれに応えた。

続いては、ビジュアル系の中堅どころからクセ者HEROが登場。まず始まったのは曲ではなくJINのMC。“のってるふう”に見えるジャンプやモッシュの仕方などユニークな話を面白おかしく語っていき、その巧みな話術と曲のイントロだろうが間奏だろうが途切れることのないマシンガントークで、オーディエンスの注意を惹きつけたら最後まで離さない。「ALIVE」、「カントリーロード」などHEROの歌や曲調は超爽やかに弾けるJ?POPなのだが、それもJINの手にかかると「次折りたため」、「隣と肩組め」、「細かく横モッシュ」などたちまち激しいノリに変貌。そんなHEROのクセになる魅力をきっちり観客に刻み込み、彼らはステージを後にした。

来年10周年のアニバーサリーイヤーに突入するDaizyStripperは、ドラムの風弥が弾くピアノの弾き語りで幕開け。抜けのいいハイトーンヴォーカルが特徴的な夕霧が歌い出したのがhideの「MISERY」のカバーだと分かると、観客がざわめく。「短い時間ですけど“瞬間の美学”でいこう」とこのイベントならではの言葉で夕霧が煽った後は「STARGAZER」「STAY GOLD」など、希望感がたっぷり詰まったメロディックチューンを投下。「VISUAL系最高だよ。これからは俺たちとお前たちでVISUAL系を守っていくぞ」と最後に宣言した夕霧の言葉は、格別の響きがあった。

次にSUMMIT STAGEに現れたのは、かまいたち。昨年一夜限りの再結成を果たした彼らが、再びこのステージでも復活。ドラムのCRAZY DANGER NANCY KENchanは当時のように髪の毛を赤く染め、ツインテールにまとめてスカート姿で可愛く登場。「かMARCH」からサウンドはどこどこゴリゴリと気合十分。こんなヴィジュアル系がいたんだぞといわんばかりに当時と変わらないパンキッシュで疾走感あるスラッシーな音を会場いっぱいに放つ。来年1月14日に新宿ロフトでワンマンをやることを伝えた後「I LOVE YOU」の感動を再び「KILL YOURSELF」で吹き飛ばし、大人になったいまもみにくいあひるの子らしく場内をぐしゃぐしゃにして彼らは舞台を去った。

次のアクトはユナイト。メンバー全員黒い衣装で登場し、「small world order」でライブは幕を開けた。ヴォーカルの結が“幕張メッセの皆様、いただきます”と手を合わせて始まったのは「ice」。曲からは想像できないような切れ味鋭い言葉を並べた刺激的な歌詞に耳が奪われる。「夢のような空間に立てて嬉しいです」と結が挨拶した後はヘヴィな振り付きナンバー「Love Duck Core Nothing」、アッパーチューンの「ジュピタ」など、メンバー全員が楽曲制作をするバンドらしく、様々なタイプの曲を披露。最後はXジャンプをしてライブを締めくくった。

照明でステージが真っ赤に染まった頃“ノクブラ”ことNOCTURNAL BLOODLUSTがやってくると、フロアにはサークル、モッシュなどの熱い肉弾戦を待ち受ける部隊がひしめき合う。1曲目の「DESPERATE」からヴォーカルの尋は上半身裸で、その体は血まみれ状態。ゴリゴリの低音が響きわたる中、彫刻のような筋肉を使い分けて繰り出していく彼ならではの歌とシャウトの七変化も、メタルコア、デスコアなどテクニカルに変化していく轟音サウンドも、ノクブラがやるとすべてが荘厳なアートを見ているかのような美学を放っていく。歌、演奏、動き、それも圧巻のステージングだった。

そして、SUMMIT STAGE3組目に現れたのはBY-SEXUAL。4人はティーンエイジャーの頃、衝撃的デビューを飾ったバンド。そのときのトレードマークだったヘアを懐かしむように、この日SHO(Vo)は金髪、RYO(G)は赤、DEN(Ba)は緑、NAO(Dr)は青と髪の毛をド派手なカラーに染めて登場。「来たぜ幕張! 僕たちBY-SEXUALは5年ぶりなんですけど(笑)、お互い手加減なしに楽しもうぜ」とSHOが伝え、「HYSTERIC」など懐かしいナンバーをスピーディーに連発。そして「今日はスペシャルゲストを招いてやってみよう」といってSHOが呼び込んだのはGLAYのHISASHI(G)。予想外のゲストに客席がヒートアップするなかで、デビュー曲にして代表曲「BE FREE」をコラボ。HISASHIは積極的に舞台を走り回り、バイセク再復活のステージに花を添えた。

メタルバンドの重鎮Gargoyleはステージに現れるなり「完全な毒を要求する」、「HALLELUYAH」を続けてアクト。頭からKIBA(Vo)の力強い歌と、KENTARO(G)の凄まじい速弾きソロで観客の心を鷲掴みにしていく。KIBAは来年30周年を迎えるバンドについて「俺らは他のバンドと違って1度も休んだことがない。好きなことをやりたいようにやってれば楽しくやれるからさ」と説得力あるアドバイスを後輩バンドたちにプレゼント。30年走り続けても変わらないエネルギッシュなステージを幕張に刻みつけた。

「lynch.です。よろしくお願いします」と葉月(Vo)の丁寧な挨拶から始まる彼らのライブはこの日「LAST NITE」でスタート。「今日は僕が尊敬する大先輩たちの首を取りにきました。ここにいる全員lynch.を好きになってもらいます。ようこそ処刑台へ!」と葉月がいい「GALLOWS」を投下。続く「pulse_」では「全員やらせてもらえませんかね。SEXしようぜ! いただきまーす」と葉月らしい丁寧語の煽りが炸裂。シャウトと歌心を持った艶っぽい歌声、安定した演奏力で観客をどんどんヒートアップさせていき、最後に葉月が「今日初めて観た方、どうか末長くお願いします。幸せな人生をお約束します」という言葉で観客全員のハートを見事に奪い、彼らはステージを後にした。

16時30分、観客の手拍子が鳴り響く中、SUMMIT STAGEにGLAYが登場すると、場内には大歓声が響き渡る。TERU(Vo)が「OK! 幕張、熱く行こうぜ!」と煽り、「YOU MAY DREAM」のイントロが流れ出すと、ステージに白い煙が勢いよく立ち上がる。GLAYらしい明るくポップなメロディーが放たれると、それを合図にメンバーがステージ左右に散らばってオーディエンスを煽り、真ん中にいるTERUは「後ろ!」と声をかけて、のっけから後方の観客へ目線を配る。大きなステージの使い方の上手さはもちろんある。だが、それ以上にこういうことがGLAYのあのアットホームなライブの空間作りには必要不可欠なのだ。

ショートSEを挟み、次はアニメのオープニングテーマにもなった「デストピア」へ。春のツアーで初公開したTERUがエレキギターを弾きながら歌うという新しい姿を、幕張でも大公開。間奏でHISASHI(G)がソロを弾き始めると、TAKURO(G)がTERUの近くにいき、ギターを弾くTERUにエールを送るかのように視線を送っていたのが印象的だった。新しい曲の後に始まったのは、この日の“エクスタシー・サミット”というテーマに合わせて、エクスタシー時代のスピードチューン「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」を演奏。観客はこの選曲にヒートアップ。シンガロングしながら、ギターリフに体を委ねる。

この後は、ロックつながりで曲は再び最近のGLAYに戻って「超高速デスティニー」を届け、フロアのテンションを上げていった。「こんばんはGLAYです」と挨拶したTERUは、自分たちがYOSHIKIプロデュースでデビューしたこと。そんなYOSHIKIに「これ聴いてよ」と自分たちのアマチュア時代のCDを手渡してくれたのがhideだったことを彼らは3年前に知り、TERUは「直接お礼を伝えたかったけど言えないんで、hideさんが作詞・作曲したこの曲を」といって「Joker」をサプライズでカバー。JIRO(Ba)がロックンロールなビートを刻み、観客たちは手拍子を始め、TERUは天を仰ぎ見て「hideさーん」と叫んだ。

そしてライブは後半戦へと突入。次の曲がヒット曲「BELOVED」だと分かると、オーディエンスは大興奮。ビジョンに映し出される歌詞を見て、3万強の観客がGLAYと一緒に大声で歌い出す。次に始まった「グロリアス」も同じだ。だが、GLAYのライブは単なるシンガロングでは終わらない。みんな各々にこのヒット曲「BELOVED」、「グロリアス」をめぐる人生ドラマがある。そこに想いを馳せながら歌う。だから涙する人もいれば、号泣する人も、歌えなくなる人もいる。すると、こんな広い会場がいつの間にかGLAYの曲を通して、人間味溢れる空間へと染まっていくのだ。そうなってくるとTERUの「そろそろ暴れていこう。誰が好きとか嫌いとか誰のファンだとか関係ない。みんなで行こう」という言葉が胸にグッと突き刺さる。このあとは「彼女の“Modern...”」、「ACID HEAD」と勢いあるナンバーを連投。ファイヤーボールも上がり、フロアのテンションがヒートアップしたところで、最後に極めつけの「誘惑」をプレゼントし、観客みんなを気持ちよく昇天させ幸せな気持ちにしていった。

続いては、エクスタシーサミットの先輩軍団から泣く子がもっと泣き出す和製モーターヘッドと称されてきたTOKYO YANKEESのステージへとバトンタッチ。「JOKER」をSEに流しながら、3人のメンバーが現れ、ハードコアな「Pre emptive strike」でライブは幕を開けた。熱いギターリフが疾走する「DIVE INTO FIELD」、PATAがギター、HIDEがコーラス参加してRECし、いまや彼らのライブでは欠かせない「DRUGSTORE COWBOY」など、頭から最後までリズム、ギターリフともどもどこまでも熱く激走。オーバーヒートしまくりの轟音ステージを見せた。

いつしかTOKYO YANKEESの轟音が消え、暗くなった場内にはピアノの「月光」が静かに流れ始める。天空にある3つのミラーボールが青白い光に包まれた空間を作り出し、その幻想的な光、その行き着く先には全ての光を集めるようなまっ白い衣装を身に纏った5人のメンバーが立っていた。本日は白LUNA SEAでの登場だ。フロントのメンバーたちが何度かジャンプして体をほぐした後、ライブは突然「FATE」から始まった。抑揚を効かせていた真矢(dr)のドラムが、勢いよく爆発した音玉とともに弾け「Dejavu」のビートを叩き出すと、場内の空気が動き出す。上手に移動したINORAN(G)はSUGIZO(G)とハイタッチをかわし、そのあとSUGIZOが下手に移動、J(Ba)と向かい合ってプレイすると客席からは喜びの悲鳴が上がる。

「幕張! 24年ぶりにエクスタシーサミットが帰ってきました」とまずはRYUICHI(Vo)が挨拶。当時のエクスタシーサミットはヤバい空気でピリピリとしていて、このLUNA SEAでさえ「いつも覚悟を決めてから出てた」と打ち明けた。「でも、今日は思いきりみんなに楽しんで帰ってほしい。今夜はLUNA SEA結成から10000日目なんだ」と今日がバンドのメモリアルデーであることを告げると、フロアからは祝福の声が上がる。10000日目をお祝いするように、次は懐かしい「PRECIOUS...」「TRUE BLUE」を立て続けにパフォーマンス。「PRECIOUS...」の2番でフロントの4人がセンターに集結したあと、RYUICHI以外の3人がドラム台に顔を向け、下から真矢を見つめると真矢がとびきりの笑顔を浮かべた。

このあとはRYUICHがLUNA SEAの歴史を振り返って「LUNA SEAは1度終幕を経験したけれど、この後はまだまだ走っていくんで」と力強く宣言。そして「ここからはLUNA SEAならではの世界を楽しんで下さい」といって、始まったのは「FACE TO FACE」。ファイヤーボールが上がる中、Jの地を這うようなベース音、抑揚のないメロディーを淡々と歌うRYUICHIの低いヴォーカルが観客全員を明けない夜の世界へと閉じ込めていく。その闇から観客を解放していったのは、SUGIZOのディレイがかかった美しい光の粒子に包まれたギターだ。INORANのアコギ、RYUICHIの伸びやかな歌声で、さらに真っ白い天空へと舞い上がっていく「IN SILENCE」へと展開した後は、壮大なラブバラード「I for You」でオーディエンスを大きな愛で包み込んでいった。

深い闇と光の世界をLUNA SEAの世界観あるサウンドでたっぷり味わった後は「お前らまだいけるかー! いけるかー!」とRYUICHIがフロアを煽り、大声で叫ぶ観客たちを「TIME IS DEAD」でさらに沸かせていく。ヒートアップしてきたフロアの熱を浴び、Jはシャツのボタンを大胆に外し、ジャケットを脱ぎ捨てたRYUICHIは舞台中央で軽やかに動きだす。次は、INORANがセンターにやってきてRYUICHIの隣でリフを刻み「TONIGHT」がスタート。どこまでも熱い演奏で軽快に突っ走った後は、さらなるピークを目指して「ROSIER」という爆弾を投下。Jの迫力のマイク投げパフォーマンスで会場は狂喜乱舞。みんなのテンションが最高潮に達したところで、最後「I WISH」をキラキラの銀テープとともに届けると、惜しみない拍手喝采が場内に広がった。

LUNA SEAの余韻がまだ残る空間に、次に現れたのはエクスタシーの先輩バンド、LADIESROOMだ。「いっぱいやるぜ!」とHyaku(Vo)が叫び、本日逹瑯とともに朝からMCを頑張っていたGEORGEは、マイクをベースに持ち替てグルーヴィーな低音を響かせる。「SEX,SEX&ROCK’NROLL」など、彼らの軽快なロックンロールサウンドに乗せて危ないエッチな歌詞を叫びまくるスタイルはいまも健在。年齢を重ね、色気をさらにましたHyakuの歌声で最後「Wonderful Tonight」を届けて、彼らはステージを後にした。

20時55分、3日間このイベントのヘッドライナーをつとめるX JAPANのステージがいよいよスタート。MiracleのSEが鳴り響くなか、海外で行なったX JAPANのライブを映し出すオープニング映像が流れる。SUMMIT STAGEはX JAPAN仕様のステージセットに早変わりして、舞台後方には階段が登場。その階段の上段にドラム台とピアノがセットされている。YOSHIKI(Dr)がオーディエンスの大歓声を一身に浴びながら、着ていたロングコートを脱いでドラムの台の椅子に座ると「JADE」でライブは幕を開けた。

この日は彼らにとってPATA(G)ステージ復帰後初のライブで、X JAPAN完全復活を世界中のファンに告げる記念すべきステージ。彼らの復活を歓迎するかのように、舞台ではイントロから激しく白煙が吹き上がり、ファイヤーフレームが連続噴射。場内は、完全復帰したX JAPANの姿を一目見ようと集まったファンでフロアはいつしか最後尾まですし詰め状態となり、フロアに入りきれなかった人々があちこちの通路や外で体を揺らし、声をあげてるというとんでもない熱狂に包まれている。「幕張、今日はお前ら分かってんだろうな! 気合い入れていけーー!!」。Toshl(Vo)の気合いの入った叫び声に、オーディエンスは地響きが鳴るような大歓声で応える。

そうやって観客に気合いを入れていたToshlが、この日は「紅」を歌っている途中に泣きだすハプニングがあった。「紅」の演奏が始まると同時に、ステージ後方のスクリーン が今はなきhide(G)の懐かしいパフォーマンスシーンを映し出すと、それまで笑顔が溢れるほどこの復活ライブを喜んでいるように見えたToshlが、突然口を手でおおって絶句。エクスタシーサミット復活に伴い、hideへの思いも蘇ってしまったのだろうか。嗚咽をこらえるような仕草でうつむいたままのToshlの代わりに、ここではファンが「紅」を大声で熱唱。温かい歌声でToshlを励ました。

また、ToshlとYOSHIKIが昔のエクスタシーサミットの思い出を語る場面では、Toshlが「武道館ではYOSHIKIと一緒に花嫁衣装を着て契りを交わした」ことを明かし、YOSHIKIが「あー、あれ持ってこなかったね。俺、明日はポケモンになろうかな!」といって場内を笑わせ「当時はhide、TAIJI(Ba)と無茶苦茶やってたね。みんな大人になったよ。少しね」とニコニコの笑顔を浮かべた。続いてYOSHIKIはPATAのことにも触れ「心配かけやがって」と苦笑いを浮かべながら、hide、TAIJIを亡くしているからこそ「みんな“酒飲むな”“タバコ吸うな”ってPATAにいって」と観客にも協力を求めた。

そして、開幕したVISUAL JAPAN SUMMITについては「こうやって長い時間を経てLADIESROOMやTOKYO YANKEESやGLAY……仲間たちと一つの空間を分かち合えるのはいいもんだよなって。いままで頑張ってよかったねってさっきToshlと話してたんだ。Toshlも色々あったけど(笑)。音楽やってて、本当に僕らX JAPANは幸せです。みんなありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。

また、この日は「さっきToshlと打ち合わせした」とYOSHIKIがいって、セットリストにはなかった新曲のさわりだけ急遽初披露するというサプライズで、彼らの復活を待ちわびていた観客を喜ばせた。この新曲はドキュメンタリー映画『We are X』のために書き下ろしたもので、タイトルは「LA VENUS」だということもYOSHIKIの口から伝えられた。その後は、本編ラストを締めくくった「X」ではYOSHIKIのドラム台が白煙をあげながらリフトアップ、またアンコールでは「ART OF LIFE」の第2章を披露するなど、最後までX JAPAN本格始動にふさわしい圧巻のライブでファンをどこまでも熱狂させた。

取材・文◎東條祥恵

   ◆   ◆   ◆

初日から圧巻の光景を見せてくれた<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>。初日ラストには無敵バンドでの大セッション大会が行なわれ、2曲目にはサプライズゲストとしてジーン・シモンズ(KISS)が登場。無敵バンドに参加するという思いがけぬ展開で翌日のDay2へと繋いだ。

写真:VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten

最終更新:10/17(月) 14:58

BARKS