ここから本文です

水曜日のカンパネラ、Chim↑Pom展示会に飛び入り。「また明日も観てくれるかなー?いいともー!」

BARKS 10/16(日) 22:12配信

水曜日のカンパネラが、新宿・歌舞伎町で開催されたアート集団Chim↑Pomによる個展『また明日も観てくれるかな?』~So see you again tomorrow, too? ~のレセプションパーティーに飛び入り出演した。

◆イベント画像

Chim↑Pomは今回、解体予定の歌舞伎町振興組合ビル(使用は地上4階と地下1階まで)にて、日本では約3年ぶりとなる大規模な新作個展と、音楽やパフォーマンス、トークなどのライブイベントからなるプロジェクト『また明日も観てくれるかな?』~So see you again tomorrow, too? ~を自主開催している。

10月15日~31日まで開催される展示期間を前に、14日には招待制のレセプションパーティーが開催されたのであった。なお今回の会場である歌舞伎町振興組合ビルは、歌舞伎町の面白いライブストリーミングを配信している「TOCACOCAN」というスタジオがあるビルで、そもそもこのビルが解体予定ということを知って、企画された展覧会でもある。18時の開場を迎えると、入場したお客さんは展示を思い思いに観覧。海外からのお客さんと思われる姿も見受けられ、Chim↑Pomの影響力の高さがうかがわれる。

そして20時、お客さんが回覧している中に、突如コムアイ(水曜日のカンパネラ)が現れた。今回の展示のために天井をぶち抜いて制作された1階~4階まで通る吹き抜けの4階部分に座り、「Chim↑Pomレセプションパーティーにようこそ!!また明日も観てくれるかなー?いいともー!!」と、まずは大声であいさつ。何が起きたのかと最上階の様子を吹き抜けから伺う観客であるが、コムアイは手持ちのスピーカーから「メデューサ」を流しながらフロアを練り歩く。4階から3階、3階から2階とフロアを順に降り、さまざまな展示とそこにいるお客さんとも絡みながら歌うのであった。

持っていたスピーカーから音が出なくなるというハプニングにも見舞われたが、何とか修復をして1階に降りたコムアイは、歌舞伎町振興組合ビルの交差点前にピカチュウの着ぐるみを着て登場した。「桃太郎」のイントロが始まると、道路の対面にある「冷やかし大歓迎!」と看板がある歌舞伎町の案内所を文字通り冷やかしに。

その後は、モンスターボールのデザインを施したウォーターボールに入り歌舞伎町の街を観客を引き連れ、闊歩。待ち行く人々は、突如現れたモンスターボールに入ったピカチュウコムアイに驚くも、思い思いに曲にのりながら写真を撮っていた。

「みんなありがとうー!」と叫び、ピカチュウコムアイは夜の歌舞伎町に消え、レセプションでのゲリラライブは幕を閉じたのであった。

なお、水曜日のカンパネラは、デジタルシングル「SUPERKID」を11月1日にリリースし、翌11月2日からは「ワンマンライブツアー2016 ~SUPERMAN~」をスタートさせる。新作を引っ提げてのツアーで、どのような新たなパフォーマンスを見せるのか注目したい。

デジタルシングル「SUPERKID」
11月1日(火)iTunes Store、Apple Musicにて配信開始
※11月30日(水)その他の配信サイトにて配信開始
M1 アラジン
M2 カメハメハ大王
M3 松尾芭蕉 ※iTunes Exclusive
※Apple Music、iTunes は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の商標です。

また明日も観てくれるかな?~So see you again tomorrow, too? ~概要
展覧一般公開 : 2016年10月15日(土)-10月31日(月)
Open:13:00-22:00

イベント日時:
Day 1 : 2016年10月15日(土)22:00-10月16日(日)6:00
Day 2 : 2016年10月28日(金)22:00-10月29日(土)6:00

会場:歌舞伎町振興組合ビル
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目19-3

入場料:
¥1,000(展覧会のみ)
¥3,000+1ドリンク(イベント+展覧会)

主催:Chim↑Pom
協力:歌舞伎町振興組合、Smappa! Group、無人島プロダクション
お問い合わせ:
info.chimpom@gmail.com 担当/前田(Chim↑Pom Studio )

水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016 ~SUPERMAN~
11/2(水) 川崎・CLUB CITTA
OPEN/START 18:30/19:30
(Pコード 311-466/Lコード 71350)
11/5(土) 仙台・Rensa
OPEN/START 17:00/18:00
(Pコード 312-649/Lコード 21960)
11/11(金) 金沢・EIGHT HALL
OPEN/START 18:00/19:00
(Pコード 311-552/Lコード 56793)
11/12 (土) 新潟・NEXS NIIGATA
OPEN/START 17:00/18:00
(Pコード 311-555/Lコード 72354)
11/16(水) 名古屋・Zepp Nagoya
OPEN/START 18:00/19:00
(Pコード 311-558/Lコード 42311)
11/19(土) 福岡・DRUM LOGOS
OPEN/START 17:00/18:00
(Pコード 311-759/Lコード 82033)
11/23(祝・木) 大阪・なんばHatch
OPEN/START 17:00/18:00
(Pコード 312-635/Lコード 56646)
12/2(金) 北海道・Zepp Sapporo
OPEN/START 18:00/19:00
(Pコード 311-608/Lコード 11450)
12/7(水) 東京・中野サンプラザ
OPEN/START 18:00/19:00
(Pコード 311-500/Lコード 72841)
12/22(木) 沖縄・ミュージックタウン音市場
OPEN/START 18:00/19:00
(Pコード 311-791/Lコード 82134)

チケット料金:前売¥4,000(税込/整理番号付/D代別)
※サンプラザ公演は整理番号/Dなし
一般発売:10月8日(土) 10時~

最終更新:10/16(日) 22:12

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]