ここから本文です

<北朝鮮写真報告>路地裏で働く美しい女性たち撮った(写真4枚)

アジアプレス・ネットワーク 10/16(日) 5:10配信

北朝鮮には20数年前まで、農民が野菜や卵を売るだけのごく小さな市場しか存在しなかった。商行為は反社会主義とみなされ処罰の対象だった。

[関連写真を見る] 外国人が絶対に会えない路地裏の女性たちの微笑み撮った(写真3枚)

90年代半ばから始まる「苦難の行軍」と呼ばれる大社会パニックは、食糧配給制を麻痺させ、絶糧状態になった労働者が大量に餓死する惨事を引き起こした。

庶民は、闇商行為を公然化させ、全国に市場が立ち並ぶようになり、やがて当局もそれを追認、合法化された。

現在では、北朝鮮国民の大部分は市場で生活必需品を購入し、多くが商売をして生計を立てている。その中心的役割を果たしているのは女性たちである。(石丸次郎)

←化粧品売り場に立つ女性たち。雇われ販売員ではなく幅約80センチの売り場のオーナーだ。2013年8月、最北部の両江道恵山(ヘサン)市にて。

←露天市場で、退職老人に混じって手製のチリ取りなど金物を売る女性。浮かぬ物憂い表情だ。2008年10月、西南端の黄海南道海州(ヘジュ)市にて。

←既製服売り場で客に商品を勧める女性。衣類はほぼすべて中国製だ。2010年6月、中部の平安南道順川(スンチョン)市にて。

最終更新:10/16(日) 13:13

アジアプレス・ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。