ここから本文です

【MLB】前田健太、リーグ優勝決定S先発は日本人4人目の快挙 過去3投手の成績は…

Full-Count 10/16(日) 7:10配信

16日のカブス戦に登板、第1戦先発は吉井と松坂に続いて3人目

 15日(日本時間16日)に開幕するナ・リーグ優勝決定シリーズ。今季リーグ最高勝率を収めたカブス(中地区1位)がドジャース(西地区1位)を本拠地に迎えて行われる第1戦は、左腕レスターと前田健太の対戦となる。メジャー1年目ながら16勝を挙げ、大事な1戦を任されることになった前田だが、リーグ優勝決定シリーズで先発する日本人投手は、これで4人目。これまで吉井理人(1999年メッツ)、松坂大輔(2007年、2008年レッドソックス)、黒田博樹(2008年、2009年ドジャース、2012年ヤンキース)が経験しているが、3投手はどんな成績を収めたのか、振り返ってみよう。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 1999年、当時メッツで2年目だった吉井理人(現日本ハム投手コーチ)は、この年は31試合に登板し(29試合で先発)、12勝8敗、防御率4.40という成績を残していた。監督は元ロッテのバレンタイン氏。ダイヤモンドバックスと戦った地区シリーズでは第1戦先発に吉井を抜擢。勝ち上がったリーグ優勝決定シリーズでも初戦に吉井を起用し、ブレーブス先発マダックスと投げ合った。アンドリュー・ジョーンズ、チッパー・ジョーンズらを擁したブレーブス強力打線を相手に、4回2/3を投げて5安打1奪三振2四球で2失点。残念ながら黒星を喫した。第5戦にも再びマダックスと投げあったが、3回を投げて4安打3奪三振1四球2失点で勝敗はつかなかった。

 レッドソックスに所属した松坂大輔(現ソフトバンク)は、2007年と2008年と2季連続でリーグ優勝決定シリーズで先発している。2007年は2試合で先発。メジャー1年目だったこの年、松坂は15勝12敗、防御率4.40の成績を残した。インディアンスと戦ったリーグ優勝決定シリーズでは、ベケット、シリングに続いて第3戦で登板。4回2/3を投げて6安打6奪三振2四球で4失点を喫し、負け投手となった。が、3勝3敗で迎えた第7戦のマウンドに上がると、5回を6安打3奪三振2失点とし、チームを勝利へ牽引。この年、レッドソックスがワールドシリーズ制覇を果たす原動力となった。

1/2ページ

最終更新:10/16(日) 8:45

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]