ここから本文です

女子は早稲田大の11連覇か?筑波大の初優勝か? [テニス大学王座]

THE TENNIS DAILY 10/16(日) 8:01配信

 大学テニスの日本一を決める団体戦「平成28年度全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子70回/女子52回)」(東京・有明テニスの森公園テニスコート/10月12~17日)の競技3日目は男女準決勝各2試合が行われ、女子は第1シードの早稲田大と第2シードの筑波大が勝利を収め、最終日の決勝へと勝ち上がった。

男子決勝は早稲田大と明治大のトップ2シードが激突 [大学王座]

     ◇   ◇   ◇

 第2シードの筑波大と第4シードの関西大の準決勝は、筑波大が5勝0敗のストレートで勝ち、17年ぶりの決勝進出を果たした。

 関東リーグで準優勝し、9年ぶりの王座出場となった筑波大。個性派揃いのメンバーで実力もある。この日も牛島里咲、森崎可南子、2人の2年生を軸に全員テニスで前日の2回戦に続いて完全勝利を決めた。

 シングルス3本はすべてファイナルセットにもつれ込んだが、S3森崎、S2岩井真優、S1牛島と勝利は手放さなかった。森崎は0-3からの逆転勝利。1年生の岩井も劣勢だったが気力で跳ね返し、牛島もナイトマッチをものにした。初優勝に向けて勢いのつく勝ち方だった。

 2年ぶりの王座となった関西大。ダブルスで2連敗となり、シングルス3戦全勝しか勝利の望みはなくなった。S3沈清河、S2筒井八雪、S1畑守美里が奮闘したが、筑波大の力が一枚上手だった。

 第1シードの早稲田大は4勝1敗で第3シードの関西学院大を下して決勝へ進んだ。D1林恵里奈/上唯希、D2細沼千紗/大矢希はともにストレート勝利。気合十分の2連勝で関西リーグの覇者に隙を与えなかった。

 チームの勝利を決めたのはS3の上だった。ストロークを左右に散らし、巧みなプレースメントで酒井渚月子を6-2 6-3で粉砕。レフティーの上がガッツポーズで満面の笑みを浮かべた。

 早稲田大はS2細沼千紗もストレート勝利を飾って4勝0敗としたが、主将同士の対戦となったS1対決を林が落として完全勝利はならず。「いろいろと重圧がある中で戦っている。明日はやってくれるでしょう」と早稲田大の土橋監督が不調のエースを労った。

 1年生から王座の単複に出場し、無敗だった林に黒星をつけたのは伊藤遥。「初対戦だし、楽しんでやろうと思った」と伊藤が言う。チームは決勝に進めなかったが、後輩たちに勇気と希望を与える大きな“1勝”だった。

 女子決勝は男子同様、関東同士の戦いとなった。シングルス5試合、ダブルス2試合の計7試合で争われる関東リーグでは、早稲田大が6勝1敗で勝っているが、王座ではどうなるか。早稲田は11年連続12回目の優勝、筑波大は悲願の初優勝をかけての戦いとなる。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

最終更新:10/16(日) 8:01

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]