ここから本文です

所持していることさえ忘れてしまうかも 手洗い除菌水もセットの手のひらサイズ携帯トイレ

日刊工業新聞電子版 10/16(日) 15:18配信

0.01mmの直鎖状低密度ポリエチレン

 キューエフジェイ(横浜市港北区、荻上治男社長)は、災害に備えて避難所や大規模ビルなどで備蓄できる手のひらサイズの携帯トイレセット「ぽけっトイレ=写真」を発売した。排せつ用の袋1枚と凝固脱臭剤1袋、手洗い用の除菌水の3点セットで、消費税抜き希望小売価格は260円から。企業や自治体、ホテル向けに販売する。

 排せつ袋は米国製の直鎖状低密度ポリエチレンで厚さ0.01ミリメートル。破れにくく柔らかい。袋底のシール部はフィルムを8枚重ねているため、袋を広げると丸底になる。排せつ後の袋に凝固剤を入れると数分でゲル状に固まり、そのまま焼却ゴミとして処理できる。

 50セットや100セット入りでも提供する。100セット入りの箱の大きさは高さ80ミリ×幅370ミリ×奥行き220ミリメートルで重さは約2キログラム。箱のまま備蓄保管し、緊急時にすぐに配布できる。

最終更新:10/16(日) 15:18

日刊工業新聞電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。