ここから本文です

三陸鉄道で運転体験を 「鉄道の楽しさ」で被災地支援 東京メトロ 記者も運転体験した結果…

乗りものニュース 10/16(日) 18:03配信

100倍の競争率

 2016年4月から9月末まで、岩手県の太平洋沿岸を走る三陸鉄道と、東京メトロがコラボレーションし、「三陸鉄道×東京メトロ おいしい! 楽しい! 三陸へGo! 福幸(ふっこう)スタンプラリー」が開催されました。

【動画】強い違和感? 踏切を通過する新幹線

「東京ステージ」と「三陸ステージ」、それぞれで駅を巡るスタンプラリーを行うもので、「東京ステージ」では達成者全員に「東京メトロオリジナルハンカチタオル」が贈られたほか、三陸鉄道の特別列車乗車体験、そして車両運転体験が当たる「Wチャンス賞」が用意されています。

 東京メトロによると、東日本大震災の被災地支援の一環として実施した企画で、今回のスタンプラリーは終了したものの、何らかの形で引き続き復興を応援していきたいと考えているそうです。

 この「Wチャンス賞」のうち、車両の運転体験が2016年10月9日(日)、三陸鉄道の南リアス線運行部車両基地(岩手県大船渡市)で行われ、100倍という競争率のなか当選した参加者たちが、本物の車両を運転。普段はできない体験を楽しみました。

 なおこのとき、記者(恵 知仁:鉄道ライター)も車両を運転する機会がありました。「鉄道車両の運転体験」とは、はたしてどのようなものなのか、このイベントの様子、また三陸鉄道のトリビアと合わせてお伝えします。

アラビア語が書かれた車両で 実は高速走行にも対応できる?

 今回の運転体験で使用された車両は、2014年に登場したレトロ調の36-R形(36-R3)というディーゼルカーです。

 この36-R3は、車体側面にアラビア語が書かれています。

 東日本大震災に対するクウェートからの支援により、導入された車両だからです。

 ただ、しばしば誤解もあるそうですが、クウェートから直接的に三陸鉄道が支援されたわけではなく、同国が日本に無償支援した500万バレルの原油、その売却代金を使って、日本国内で被災各所へ行われた支援のひとつとして、この車両があるとのこと。このとき三陸鉄道は1.5億円のディーゼルカーを8両、導入することができました。

1/3ページ

最終更新:10/16(日) 19:00

乗りものニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革