ここから本文です

恐れによる息遣いが反響して世界が視える、声も使うVRホラーゲーム「Stifled」

ギズモード・ジャパン 10/16(日) 22:10配信

まるで超音波を聞いて飛ぶコウモリ。

VRゲームはフルに視覚を使うので、没入感がハンパないというのはご存じの通り。ですが、自分の声を使って進めるゲームがあったら……没入どころか埋没するくらいドップリ浸れるのではないでしょうか?

今回ご覧いただく「Stifled」はゴーグルに付随したマイクを使い、自分の声や恐怖からくる荒い息遣いが進行の鍵となるVRホラーゲームです。

動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=d48Ygw_n0pE

こちらはUploadVRが取り上げたGattai Gamesの動画でした。

本作では、自分の足音や「ハロー?」という声などがエコーとして暗闇の中に広がり、その音が当たった場所に何があるのかがわかるという、反響定位システムが採用されています。潜水艦のソナーのようなもので、音が当たった物体は、またすぐ暗闇の中に溶け込みます。

他にもGattai Gamesより、たとえば電話が鳴った時には、この世界では以下のように視覚化される、という動画をどうぞ。

動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=2Vhrt9zIAE0

そして音に向かって伸びる触手……。

音を発しないと進めない代わりに、暗闇に潜む何者かはこちらの音や息遣いを聞いてやってくる……という四面楚歌に直面してしまうこともあるようです。悲鳴すら上げられないなんて、よく考えられています。
同じくGattai Gamesのコンセプト・トレーラーでは、聴覚を頼りに進み、その先で明かりをつけて視覚が戻るとトンでもない事態に遭遇するシーンが見られます。

次に、限られた人にだけ配られた、デモ版をプレイするNeco The Sergalの動画を見てみましょう。ゲーム解説なのに、途中で声を押し殺すあたりが、このゲームの真骨頂かもしれません。

動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=6s_mmUtIpeM

開発しているのは、シンガポールのGATTAI GAMES。日本の合体する巨大ロボが好きな人たちが集まってできた会社なのだとか。

IIコンのマイクに向かって「ハドソン!ハドソン!」と叫ぶ「バンゲリングベイ」なんてゲームも昔ありましたが、声なしにはクリアができないほど音が重要なゲームというのは珍しいかもしれません。今後、こういった変則的な内容のVRゲームもどんどん出てくるのでしょうか?

見事にSteamのGrenlightで支持を得たこの「Stifled」は、年末ごろにリリースを予定。PlayStation VRをはじめ、各VR機器およびVR非対応のPCにも登場します。それまでは、息を殺して待つとしましょう。

Top image by UploadVR
image by UploadVR
source: Stifled, GATTAI GAMES, YouTube1, 2, 3, 4 via UploadVR

(岡本玄介)

最終更新:10/16(日) 22:10

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]