ここから本文です

清武不在のセビージャ、ライバルのナスリが今季2得点目 スペイン紙も高評価

theWORLD(ザ・ワールド) 10/16(日) 17:31配信

アウェイで勝てなかったジンクスを打破

清武弘嗣の所属するセビージャは、15日にリーガ・エスパニョーラ第8節でレガネスに3-2で勝利した。昨年5月のマラガ戦以来、アウェイで勝利がなかったセビージャは、およそ1年半ぶりに勝点3を掴みとり、ジンクスを打ち破った。

日本代表チームから戻った清武は、2試合連続となるメンバー外。出場機会が得られない厳しい状況が続くなかでライバルたちが活躍している。元フランス代表MFサミル・ナスリは、この試合で自身のシュートのこぼれ球を押しこむカタチで今季2点目を奪取。スペイン『MARCA』の試合後の採点で(4段階評価で3が最高点)で高評価となる「2」を獲得した。

また途中出場ながら、悪いジンクスを断ち切る勝ち越し弾を決めたMFパブロ・サラビアもナスリと同じく「2」の高評価を得ており、清武が出場機会を掴むには厳しい状況が続く。セビージャは18日にUEFAチャンピオンズリーグ、ディナモ・ザグレブ戦を迎えるが、清武にチャンスは訪れるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/16(日) 17:31

theWORLD(ザ・ワールド)