ここから本文です

男女とも早稲田大学が優勝 [テニス大学王座]

THE TENNIS DAILY 10/16(日) 20:02配信

 大学テニスの日本一を決める団体戦「平成28年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子70回/女子52回)」(東京・有明テニスの森公園テニスコート/10月12~17日)の大会最終日は、男女決勝と3位決定戦が行われた。

男子決勝は早稲田大と明治大のトップ2シードが激突 [大学王座]

 男子決勝は早稲田大学(関東地区第1)が明治大学(関東地区第2)を7-2で、女子決勝は早稲田大学(関東地区第1)が筑波大学(関東地区第2)を4-1で下して優勝を果たした。

 3位決定戦は男子が関西大学(関西地区第1)、女子は関西学院大学(関西地区第1)が勝利を飾った。

 「大学王座」は地域リーグを勝ち抜いた男女各10校が有明に集い、男子は複3、単6の計9ポイント、女子は複2、単3の計5ポイントで団体戦を戦う。トーナメント制。

     ◇   ◇   ◇

※大学名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、丸数字は学年

【男子決勝】

1早稲田大学(関東地区第1)[1] 7-2 10明治大学(関東地区第2)[2]

D1 ○河野優平/坂井勇仁 4-6 6-1 7-5 ●諱五貴/澁田大樹
D2 ●小堀良太/松崎勇太郎 6-7(6) 4-6 ○西脇一樹/切詰魁
D3 ○齊藤聖真/高村佑樹 6-4 6-3 ●田鍋佑輔/合戸廉太朗
S1 ○小林雅哉 6-4 6-3 ●諱五貴
S2 ○島袋将 6-3 6-4 ●西脇一樹
S3 ○坂井勇仁 6-3 7-5 ●澁田大樹
S4 ●松崎勇太郎 3-6 6-3 4-6 ○切詰魁
S5 ○巽寛人 6-3 6-4 ●本城和貴
S6 ○古田伊蕗 2-6 6-4 6-0 ●中村彰宏

------------

【男子3位決定戦】

5関西大学(関西地区第1)[3] 6-3 6近畿大学(関西地区第2)[4]

D1 ○染矢和隆/林大貴 6-1 3-6 6-4 ●高木智/長谷川聡
D2 ○中村侑平/矢多弘樹 4-6 6-3 6-3 ●保々皓祐/恒松優也
D3 ○高村烈司/島田達也 7-6(7) 6-1 ●小野和哉/矢ノ川歩
S1 ○竹元佑亮 6-4 6-3 長谷川聡
S2 ○染矢和隆 6-1 6-2 高木智
S3 ○中村侑平 6-2 6-0 小野和哉
S4 ●加藤隆聖 6-2 2-6 1-6 ○恒松優也
S5 ●林大貴 3-6 2-6 ○松本樹
S6 ●工藤丈寛 4-6 6-7(3) ○高木修

--------------------

【女子決勝】

1早稲田大学(関東地区第1)[1] 4-1 10筑波大学(関東地区第2)[2]

D1 ○林恵里奈/上唯希 7-6(4) 7-6(4) ●米原実令/森崎可南子
D2 ○細沼千紗/大矢希 6-1 6-1 ●古川鈴夏/牛島里咲
S1 ○林恵里奈 4-6 6-3 7-6(4) ●牛島里咲
S2 ○細沼千紗 6-1 7-6(5) ●岩井真優
S3 ●上唯希 0-6 0-6 ○森崎可南子

------------

【女子3位決定戦】

5関西学院大学(関西地区第1)[3] 5-0 6関西大学(関西地区第2)[4]

D1 ○伊藤遥/酒井渚月子 7-6(7) 6-2 ●畑守美里/河内ほのか
D2 ○山本澪/栗本麻菜 4-6 6-4 6-1 ●田尻千晴/越野菜摘
S1 ○伊藤遥 6-3 1-6 7-6(1) ●畑守美里
S2 ○山本澪 6-0 6-2 ●筒井八雪
S3 ○前田友花 4-6 6-2 7-5 ●鎌田琴衣

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:10/16(日) 20:02

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革