ここから本文です

イタリアの期待は2018ではなく2022へ アッレグリが称賛した90年以降生まれの選手で伊紙がスタメンを作成

theWORLD(ザ・ワールド) 10/16(日) 23:10配信

監督はアッレグリに

先日、ユヴェントス指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリは2022ワールドカップを戦うイタリア代表に期待していることを明かした。アッレグリは1990年代後半に生まれた選手たちの能力に注目しているようで、その才能が開花するのが2022年頃ではないかと楽しみにしているようなのだ。

そこで伊『Calciomercato』は、2018ワールドカップをすっ飛ばして2022ワールドカップのイタリア代表のスタメンを予想。今回の予想は全員1990年代後半に生まれた選手で構成されており、成長が期待される11人を選出している。また、同メディアは期待していると言ったアッレグリを2022ワールドカップのイタリア代表監督に勝手に選んでいる。

そんな仮想アッレグリ率いるイタリア代表のメンバーは、まずGKにジャンルイジ・ドンナルンマ(17)だ。ミランの守護神を務めるドンナルンマは2018年大会でも活躍できるはずで、これについては誰も文句はないだろう。この世代では最も有名な選手といえる。

サイドバックには、すでにサッスオーロで出場機会を得ているクラウド・アジャポング(18)と、インテルからエンポリにローン移籍しているフェデリコ・ディマルコ(18)の2人を選出。すでに2人ともセリエAで出場機会を得ており、6年後には確かな成長が期待される。

センターバックにはミランで活躍するアレッシオ・ロマニョーリ(21)、そしてユヴェントスからノヴァーラにレンタル移籍しているフィリッポ・ロマーニャ(19)だ。ロマーニャはイタリアU-19代表にも選ばれており、将来が期待されている逸材だ。

中盤には前節サッスオーロ戦で途中出場から得点を決めたミランのマヌエル・ロカテッリ(18)、そしてその姿をピッチ上で見ていたサッスオーロMFロレンツォ・ペレグリーニ(20)、アタランタのプリマヴェーラでプレイするフィリッポ・メレゴーニ(17)の3人が選ばれている。ロカテッリとペレグリーニは徐々に存在感を増しており、トップチームでも重要な戦力になるだろう。

最前線では今節のウディネーゼ戦の招集メンバーに含まれ、バロテッリ2世とも言われるユヴェントスFWモイーズ・キーン(16)、さらにインテルのプリマヴェーラで得点を量産しているアンドレア・ピナモンティ(17)、そして元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子としても注目を集めるフィオレンティーナFWフェデリコ・キエーザ(18)の3人が選ばれた。キエーザは今季フィオレンティーナでリーグ戦2試合に出場しており、徐々に経験を積み始めている。

もちろんこの11人が順当に成長すると保証されたわけではないが、面白い若手選手なのは間違いない。この中から何人かは2022ワールドカップに行くだろう。そのチームをアッレグリが率いているかは分からないが、6年後のイタリア代表はなかなかに魅力的なチームになっているはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/16(日) 23:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。