ここから本文です

MVPの日ハム中田、大谷に脱帽 「練習してるのがバカバカしくなってくる」

Full-Count 10/16(日) 17:52配信

守護神として登板し、最速165キロ計測の大谷に「かっこよかった」

 日本ハムの中田翔内野手が16日、ソフトバンクとのCSファイナルステージ第5戦で3打数3安打1打点3得点1四球と活躍した。4点を追う2回には追撃のソロ本塁打を放つなど大暴れ。4年ぶり7度目の日本シリーズ進出に導き、シリーズMVPに輝いた。

日本ハムがCS突破! この試合の経過詳細

 試合後はお立ち台に上がり、「本当に最高ですね。本当に背中を押してくれた。みなさんには感謝しています」とファンに感謝した。左翼席中段まで運んだソロ本塁打については「完璧でした。ありがとうございます。最後まで諦めたらダメと思っていた。すぐに反撃できて良かったです」と自画自賛した。

 この試合は全打席出塁の活躍。「さすがですね?」と振られると、「さすがですね、はい」と答え、場内を笑わせる場面も。「結果を残せているのはファンの方の声援があるからだと思います」と改めてファンに頭を下げた。

 また、「3番・DH」で出場しながら、9回にはDHを解除して「守護神」としてマウンドを上がり、日本最速165キロの直球を連発した大谷については「いや、すごいですね」と感嘆。大谷の圧巻の投球に、一塁上で思わず笑みを浮かべる場面もあり、「本当にすごいね、165キロ。なんかこう、あそこまで打って投げてとされたら、こっちが練習してるのがバカバカしくなってくるというか、すごくかっこよかったですね」と話した。

 最後には「このままの流れで広島もみんなで1つになってぶっ潰しましょう」と誓った主砲。最高の流れで、日本シリーズに挑む。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/16(日) 20:52

Full-Count