ここから本文です

全国初アンテナショップ 山梨・道志村の魅力や物産PR

カナロコ by 神奈川新聞 10/16(日) 10:39配信

 神奈川県横浜市が友好交流協定を結んでいる山梨県道志村のアンテナショップが、同市保土ケ谷区宮田町の洪福寺松原商店街に開店した。市が道志村水源林の管理運営を開始してから100年。村の歴史や観光地などを紹介するとともに、特産物の販路拡大に役立てる。

 店舗名は「道志情報館 水カフェどうし」。約65平方メートルの店内では、両市村の交流の歴史や村の観光案内、移住・定住に関する情報を提供。野菜や酒まんじゅう、みそ、道志ポークなど特産品の販売コーナーも設けた。

 横浜市民に道志村の魅力を伝え、観光につなげたいと村が市に要望。同商店街のスーパー荷さばき作業所だった建物(3階建て)の1階部分を活用した。村が運営する。

 担当者は「道志村を案内する総合拠点は全国でここだけ。気軽に足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。

 午前10時~午後6時。水曜定休。問い合わせは、同店電話045(877)8419。

最終更新:10/16(日) 10:39

カナロコ by 神奈川新聞