ここから本文です

中小向け融資利率引き下げ 綾瀬市

カナロコ by 神奈川新聞 10/16(日) 10:39配信

 神奈川県綾瀬市は今月から、中小企業に対する融資制度の貸付金利を県内トップクラスの低利率に引き下げた。日銀のマイナス金利政策導入による超低金利環境に対応し、市内企業の事業の安定と拡大を支援する。

 小口事業資金融資の利率は、現行から0・5ポイント引き下げて1・6%に設定し、融資限度は運転資金が1千万円、設備資金が2千万円。経営安定資金融資は0・4ポイント減の1・5%で、限度額は3千万円とした。

 市内には製造業を営む約400の事業所が集積し、政令市を除いて県内最多を誇る。利率の見直しは、市全体を一つの工場に見立て、産学官と金融機関一体で販路や受注拡大を目指す「あやせ工場プロジェクト」の一環となる。

 2015年度のそれぞれの融資実績は、小口が15件計6千万円、経営安定が58件計9億7875万円。市は「企業の利息負担を軽減し、事業活動をさらに活性化させたい」と説明した。

 問い合わせは、市工業振興企業誘致課電話0467(70)5661。

最終更新:10/16(日) 10:39

カナロコ by 神奈川新聞