ここから本文です

CSで“神ってた”広島・田中も 活躍が目立った社会人出身の野手組

ベースボールキング 10/16(日) 9:00配信

CSで神ってた広島・田中

 CS通算打率.833を記録しファイナルステージMVPの田中広輔(広島)、2年目の今季レギュラーに定着した倉本寿彦(DeNA)、西野真弘(オリックス)など社会人出身の活躍が目立つ。

 JR東日本から13年ドラフト3位で入団した田中は、1年目の14年、規定打席に届かなかったものの、打率.292、9本塁打、34打点の成績を残した。翌15年、膝に不安を抱える梵英心に代わり遊撃のレギュラーに定着。

 背番号を「63」から「2」に変更した3年目の今季は、開幕から「1番・遊撃」で出場し、同級生の菊池涼介、丸佳浩とともにチームを引っ張り、25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。特に今季は球団の遊撃手としては、野村謙二郎以来3人目となるフルイニング出場を達成するなど、チームの顔に成長。CSでは打率.833記録し、日本シリーズ進出に大きく貢献した。

【田中の今季成績】
143試 率.265 本13 点39

全試合に出場したオリ・西野

 JR東日本時代の後輩・西野は、2年目の今季レギュラーに定着。14年ドラフト7位と下位での入団となったが、キャンプ、オープン戦でアピールし開幕一軍入り。少ない出場機会で結果を残し、レギュラーでの出場機会を増やし、5月には月間打率.344をマーク。しかし、同年の7月に右手有鉤骨を骨折し離脱。そのままシーズンが終了した。

 故障から復帰した今季は、開幕から二塁で出場。一時は打率3割3分を超えるアベレージを記録していたが、最終的には打率.264でフィニッシュ。それでも、全143試合に出場し、来季に繋がる働きを見せた。

【西野の今季成績】
143試 率.264 本2 点33

打率.294をマークしレギュラーに定着したDeNA・倉本

 日本新薬から14年ドラフト3位でDeNAに入団した倉本は、球団の新人遊撃手では44年ぶりに開幕スタメンを勝ち取った。2打席目でプロ初安打を記録し、最高のスタートを切ったが、その後はプロの壁に苦しみ、打率.208でシーズンを終える。

 2年目の今季も開幕スタメンで出場すると、昨季苦しんだ打撃が改善され、打率3割以上をキープ。シーズン終盤に疲れからか調子を落とし打率3割に届かなかったものの、打率.294を記録。長年悩まされていた遊撃のレギュラーに定着し、球団初となるCS出場にも大きく貢献した。

 即戦力として期待がかかる中、プロできっちりと結果を残す3人。来季以降も3人の活躍に注目だ。

【倉本の今季成績】
141試 率.294 本1 点38

BASEBALL KING

最終更新:10/16(日) 9:00

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。