ここから本文です

積極采配が光った日ハム栗山監督 4点差逆転、工藤ホークスを圧倒

ベースボールキング 10/16(日) 17:55配信

バースを2回から投入、杉谷&岡の起用ズバリ

 日本ハムが7-4で勝利し、1勝のアドバンテージを加えたソフトバンクとのファイナルステージを4勝2敗で突破した。初回に4点を失うも、栗山監督の攻めの采配が当たり鮮やかな逆転勝ち。ソフトバンクの日本シリーズ3連覇の望み打ち砕き、22日からセ・リーグ王者の広島と日本シリーズを戦うことが決まった。

 日本ハムは初回、先発の加藤が自らのミス絡みで先制点を許すと、さらに6番松田に3ランを浴びいきなり4点を失った。それでも2回、4番中田が反撃の狼煙となるソロ弾を左翼席へ運ぶと、続く3回はこのシリーズ初スタメンとなった2番杉谷が、2点差に迫る中前適時打を放ち起用に応えた。

 2-4の4回はソフトバンクの2番手・東浜を攻め一死満塁の好機を作ると、指揮官は8番大野のところで早くも代打・岡をコール。この決断が的中し、岡は中堅フェンス直撃の同点2点二塁打を放つと、なおも一死二、三塁でソフトバンクが3番手・森にスイッチしたあと、9番中島がスクイズを敢行しこれが見事に決まった。

 一気に試合をひっくり返した日本ハムは、5回にも5番近藤が右翼線への2点適時打を放ち7-4。投げては2回から登板したバースが5回までの4イニングを無失点に抑え、ワンサイドになりかけた流れを食い止めた。

 極めつけは3点リードの9回、それまで「3番・指名打者」で出場していた大谷をマウンドへ上げた。このステージフル回転の二刀流は、自己最速を更新する165キロをマークするなど、2奪三振を含む3者凡退締め。試合を通して指揮官の攻撃的な姿勢が選手へ乗り移り、大逆転優勝を飾ったリーグ戦に続き、ファイナルステージでもソフトバンクを圧倒した。

BASEBALL KING

最終更新:10/21(金) 18:30

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]