ここから本文です

里山里海の恵み満喫 石川の農林漁業まつり開幕

北國新聞社 10/16(日) 2:35配信

 第38回石川の農林漁業まつり(北國新聞社、北陸放送など特別協力)は15日、金沢市の県産業展示館4号館で2日間の日程で開幕した。県産の野菜や海産物の直売に大勢の来場者が詰めかけたほか、約50の体験コーナーでは、子どもらがスイーツ作りなどを楽しみ、実りの秋を迎えた里山里海の魅力を存分に味わった。

 県内の漁港で水揚げされたノドグロやアジ、カツオなどの鮮魚、ネギやキュウリなどの野菜、シイタケの直売所が人気を集めた。畜産物フェアでは牛乳を使った餅の試食が行われ、森林の役割などを学ぶ「林業ひろば」も注目を集めた。

 体験コーナーでは、子どもが県産コシヒカリの米粉を使った長さ約10メートルのロールケーキ作りに取り組んだ。わらや桜貝の細工作りや竹とんぼ作りも行われた。

 特設ステージでは地元産食材「じわもん」のじゃんけん大会が催され、勝者に「加賀れんこん」「能登棚田米」などが贈られた。いしかわの米粉食品コンテストでは、広見製麺所(能美市)の「加賀丸芋入り米粉ラーメン」が最優秀賞に選ばれた。

 金沢星稜大の学生による熊本地震の復興支援コーナーも設けられ、熊本県産のレンコンやミカンのほか、ゆるキャラ「くまモン」にちなんだ商品が並んだ。

 最終日の16日は午前9時~午後4時に開かれる。県内の魚にまつわるクイズ、液体窒素やドライアイス簡易製造器を使ったジェラート作りのパフォーマンスも披露される。

 会場にはJA共済小中学生書道・交通安全ポスターコンクールと石川海の子作品展(いずれも本社後援)の作品が展示された。麦・大豆生産改良優良者の表彰式も行われた。

 ◇石川海の子作品展▽県知事賞 濱崎稀美(志賀小2)高橋拓光(能都中2)▽県教育委員会賞 角田美羽(小木小5)橋本優羽(橋立中2)▽北國新聞社賞 河嶋堅心(志賀小1)奥村桃花(志賀中1)▽農林中央金庫賞 大井美沙(橋立小4)炭谷空(能都中1)▽県漁業協同組合長・県信用漁業協同組合連合会長賞 舩板楓(鳳至小1)紙谷龍希(能都中3)

 ◇麦・大豆生産改良表彰者▽県知事賞 あさひ、新川清和、矢田野地区営農組合▽県米麦改良協会長賞 大長野水稲生産組合、荻生洋治

北國新聞社

最終更新:10/16(日) 2:35

北國新聞社