ここから本文です

大迫、先制アシスト&PK獲得!!ケルンは開幕7戦無敗で2位浮上

ゲキサカ 10/16(日) 1:40配信

[10.15 ブンデスリーガ第7節 ケルン2-1インゴルシュタット]

 ブンデスリーガは15日、第7節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンはホームでインゴルシュタットと対戦し、2-1で勝った。大迫は2トップの一角で6試合連続の先発出場を果たし、後半30分までプレー。前半28分に先制点をアシストすると、同37分にはPKも獲得するなど、全2得点を演出する活躍を見せた。

 9月21日のシャルケ戦(3-1)、同25日のライプツィヒ戦(1-1)で2試合連続ゴールを記録し、代表復帰も期待される大迫がこの日も躍動した。前半28分、中盤に下がってボールを受けると、前線に浮き球のスルーパス。オフサイドラインぎりぎりで飛び出したFWアントニー・モデストが胸トラップから素早く反転し、左足でゴールネットに突き刺した。

 大迫の4試合ぶり今季2アシスト目で先制すると、追加点も背番号13のファインプレーから生まれた。前半37分、左サイドのスローインを受けた大迫がDFを背負いながら強引に反転し、PA内に進入。たまらずDFマルビン・マティプが後方から押し倒し、PKを獲得した。キッカーはモデスト。落ち着いてゴール左隅に決め、2-0とリードを広げた。

 後半45分にPKで1点を返されたケルンだが、2-1で逃げ切り、3試合ぶりの白星。開幕から4勝3分の無敗を守り、勝ち点を15に伸ばすと、ヘルタ・ベルリン、ドルトムントを抜いて順位も2位に浮上し、首位バイエルンを勝ち点2差で追っている。

最終更新:10/16(日) 1:45

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]