ここから本文です

今年もキャリアハイ更新!31歳原一樹が“プロ初”ハット!!最下位北九州が讃岐下し残留に望み

ゲキサカ 10/16(日) 16:09配信

[10.16 J2第36節 北九州3-0讃岐 本城]

 J2最下位に沈み、J3降格の危機にあるギラヴァンツ北九州がホームでカマタマーレ讃岐と対戦し、3-0で勝利した。FW原一樹がハットトリックを決める活躍を見せた。北九州の勝利は5戦ぶり。残留圏内にいる讃岐との差は2に縮まった。

 スコアが動いたのは前半23分、北九州は左サイドでボールを持ったMF小手川宏基が右足でクロスを上げると、FW原一樹の頭にピタリ。4試合ぶりにスタメンに帰ってきた31歳ベテランストライカーが先制点を奪った。

 追加点も北九州に生まれる。後半12分、右サイドでボールを持った原がエリア内のFW小松塁に当てると、原がそのままエリア内に入ってリターンを受ける。DFに付かれるも左足を豪快に振り抜き、2点目を奪う。

 トドメは後半31分、FKをMF風間宏希がゴール前に入れると、小手川が頭で落とす。これを原がワンタッチで合わせると、シュートはGKの股を抜けて、ゴールネットに収まった。

 ハットトリックで今季の得点は15点目。昨年13点のキャリアハイを大きく上回った。ハットトリックについて、「Jリーグに入ってないんですよ。大学のころもあったかなというくらい」と振り返った原は、「持ってないなと思っていたのですが、本城ラストイヤーのこの場所で3点取ることが出来て良かった。今日の勝利は大きいと思いますけど、また次も取れるように頑張りたいです」と力を込めた。

最終更新:10/16(日) 16:09

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。