ここから本文です

[選手権予選]1年生ドリブラーが緊迫した展開でヒールリフトにも挑戦、関東一の「遊び心」持つMF小関

ゲキサカ 10/16(日) 22:45配信

[10.16 全国高校選手権東京都Aブロック予選準々決勝 関東一 3-2(延長)早稲田実 清瀬内山運動公園サッカー場]

 関東一高はこの日、苦しい展開となる中で下級生たちの奮闘が光った。特にインパクトを残したのが、後半終盤から投入された1年生MF小関陽星だ。

 0-2の追い詰められた状況での投入となったが、「正直、(早く)出たかったです」というドリブラーは全く物怖じせずにプレー。延長戦を含めて約30分間の出場時間の中でヒールリフトにチャレンジし、セットプレーでは自ら進んでボールをセットして蹴ろうとする。そして、延長前半5分には右サイドからの仕掛けによって決勝点の起点にもなって勝利に貢献した。

「中学の時から町田JFCでメンタルトレーニングとかやっていて。メンタルで不安になったりしないし、緊張も特にしたことないので。しかも、試合負けていたんでやることが明確だったんで、やるしかなかったです」。

 好きな選手についてブラジル代表FWネイマールを挙げるMFだが、「また違った遊び心が好きですね」。推進力あるドリブルに、緩急、「遊び心」も加えてサイドでDFのマークを外していた。このステージでもそのドリブルで十分に差を生み出せることを証明。本人は左足のシュートも得意と口にするだけに準決勝、決勝では切り札としてより活躍することができるか。

「インターハイ予選は入っていたけれど、全国はメンバー外れたので今回(全国舞台に)立ちたい。(選手権は)2回戦も出たんですけど、きょうはまた雰囲気違った。普通に1年生で出て、注目されたいです」と意気込むドリブラーが自身の活躍によって注目度を高める。

最終更新:10/16(日) 22:45

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報