ここから本文です

16日新聞配達の日・新聞少年の日 地域とつながる野村高生

愛媛新聞ONLINE 10/16(日) 16:50配信

 「高校生が地域とつながる数少ない仕事なんでしょうね」。寝静まる愛媛県西予市野村地域中心部の一角に明かりがともる。一足早い朝を迎えている愛媛新聞エリアサービス野村(同市野村町野村)の鈴木紀美子所長(56)が、目を細めつつ話した。16日は「新聞配達の日・新聞少年の日」。同エリアサービスは長年、地元の高校生らをアルバイトとして受け入れてきた。
  鈴木所長によると現在、野村高の9人が新聞を配っている。これまでに延べ約150人が社会に巣立った。アルバイト代を家計の足しや部活費用に充てる学生もいるという。
 「本当によく頑張ってくれている。仕事が嫌になって辞める人はほとんどいない」と感謝。「生徒さんの第二の母になったつもりで、これからも受け入れを続けたい」と柔らかな表情で語った。

愛媛新聞社

最終更新:10/16(日) 16:50

愛媛新聞ONLINE