ここから本文です

モーニング娘。'16、台湾公演で中国語披露 名物グルメも満喫

中央社フォーカス台湾 10/17(月) 12:16配信

(台北 17日 中央社)女性アイドルグループのモーニング娘。'16は16日夜、台北市内で、モーニング娘。として8年ぶりに台湾公演を開催した。アンコール曲「雨の降らない星では愛せないだろう?」では一部を中国語で歌ったほか、終盤ではリーダーの譜久村聖が台湾のファンからの応援に対し感謝を伝える手紙を中国語で読み上げるなどし、観客を喜ばせた。

コンサートの衣装や曲目は、台湾公演のために特別に準備。ヒット曲「LOVEマシーン」や「恋愛レボリューション21」など21曲を歌った。

公演中にはファンからのサプライズ演出も。アンコールでは観客がピンク色のハート型ペンライトを振りながら「友(とも)」を大合唱。さらに、エンディングでは客席全体が特製の中国風扇子を掲げ、メンバー11人のパフォーマンスに感謝した。

メンバーは台湾滞在中には名物グルメや観光も満喫。猫空ロープウェイを体験したり、ナイトマーケットを訪れたりしたほか、ショーロンポー(小籠包)や牛肉麺、鶏の足の煮込み(鶏脚凍)なども堪能したという。工藤遥は、臭さが特徴の臭豆腐を食べた際、「本当に臭かった」と感想をもらしながらも、日本のファンにおすすめしたいと話していた。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)

最終更新:10/17(月) 12:16

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。